無料ブログはココログ

2024年6月24日 (月)

玄関で靴を脱ぐ・・・アメリカ  

今から40数年も前のこと神奈川県にある米軍の個人宅前を通ったことがあった。 夏でもあり玄関の扉があいたままで段差もない廊下が見え、そこには脱いだ靴もなく軽そうな扉一枚のお宅で、その合理的なたたずまいに日本の玄関との違いを改めて感じたものでした。 このような個人のお宅は映画などで何度も見てはいるものの、土足のまま入るお宅の簡素さにびっくりしました。

実はアメリカに長年住んでいるという日本人の女性の方から、アメリカ人の靴生活についてラジオで話があった。 アメリカでは「最近玄関で靴を脱ぐ家庭をみるようになった」と、そのうえ「玄関には靴箱も備えている」と。 日本人の清潔な生活スタイルを見習っているようですと語っていた。

日本には四季もあり湿度も高く天候も一定せず農作業も多かった。 そのため家の中は清潔な場所にと玄関より床を上げ、そこで「はきもの」を脱いでいた。 
日本には「はだし」と「素足」ということばがあり、家の中で「はきもの」を履いていない足を「素足」と呼び、外で靴をつけていない足を「はだし」と呼んでいます。
このような使い分けは、日本以外の方にはなかなか理解が難しいのでは、なぜそんな細かな?ことにこだわるのかと。
 
日本では家の中は神聖な場所として考えられ上段の間があり、そこに神棚のある農家はまだまだ多く、そこでは
神様と同居していると考えられ、土足は考えられないことになります。

これからアメリカにも日本のような玄関のあるお宅が増えていくのでは。 コロナという伝染がひと段落したものの、世界的にますます衛生第一になるような気がします。
足と靴健康アドバイザー 大木金次 №3362
   

2024年6月18日 (火)

足ゆびの開きと手の指の開きを同時にやってみよう  

ひょんなことから足ゆびの動きの良さに気が付いた。
 
朝の寝起き前、布団の中で足ゆびでグーキョキパーをしてるのですが、なかなか思うように動かない。  特に左足の第5趾の開きが十分ではなかった。 その後数か月も経ったころか、何気なく足とともに手の指も同時にやってみたところ何と左の足ゆびにも力が入ることに気づいたのです。

Img_2706_20240113100301

その後、気をよくして毎朝の日課になってしまった。 毎日両手両足を同時にグーチョキパーを行っている。
 
そこで提案です。
靴を求めるときフィッテングの確認に足と手を同時に動かしてみては。 そうするとトウ(つま先余裕)の空間の狭さがわかりやすい。 手先のように動くことは無理なことですが、意外と幅や高さの狭さに気がつきます。 同じような手と足のゆびですが、靴で拘束される足の環境はきびしい。

手の開きで感じることですが、重いものを持つとき、その直前にゆびの開きが大きくなる?  足のゆびも同じようです。 例えば坂道や階段を登るとき足ゆびは大きく開いている。 足のゆびは手ほど動きませんが、下方に押し付ける力(屈曲)はかなり強いような気がする。 

足ゆびは開くほどきっちり立つことができ、姿勢もよくなるようです。 きっちりとした姿勢がとれることはすべての始まりといってもいい。
 
靴を求めるときの確認として、足と手を同時グーチョキパーをしてみてください。
足と靴健康アドバイザー 大木金次 №3359

2024年5月22日 (水)

つま先が自由?になると手は床に、履きわけの勧め  

靴選びは使用目的を考えて・・・靴選びの際、シューフィッターは「どんな目的で履かれるんですか?」と伺っています。
写真左は、ちょっと野暮にみえますがつま先の部分をゴムでまとめ前屈をしたところ・・・手が床につくのがやっとのようです。
それに比べ右は、ゴムをはずして前屈をしたもの、そうすると床まで手が届きました。

Img_2618  Img_2620

ゴムでまとめると足ゆびの動きが小さくなることは容易に想像できます。 つまりトウ(つま先)のきつめの靴を指します。 靴の上からでは足ゆびの開きや窮屈さがわかりにくいためゴムを巻いてみたものです。

靴は履きわけが大事であるとよく言われます。 仕事などで前足部に相当な体重がかかるようなときは、足のゆびにも力が入る必要があります。 そのためにはトウに余裕が必要になることが理解できます。
反対にかしこまった席などに履く礼装用の靴は、上記に記したような余裕は少なくてもいいでしょう。

靴の履きわけはこれからも変わりがありません。

人も動物、危険を察したら足腰に瞬時に力が入り防衛体制に入ります。 そのとき足のゆびは戦闘モードになるのではないか? と想像します。
人通りの多い商店街などを歩くときは、動きやすい靴を履きましょう。

足と靴健康アドバイザー 大木金次 №3346

2024年5月10日 (金)

現代人は「ふんぞり返り」の傾向にある 

現代人の立ち構えが怪しくなってきたとして「ふんぞり返り」の傾向にあると、平沢弥一郎 氏の書籍「足の裏は語る 筑摩書房」に記されています。

立ったとき足の裏に落下する重心の位置が、だんだん踵よりに移行し始めていると指摘しています。
足長を100とした場合、重心の位置が20年前は踵から47パーセント周辺にあったものが、最近ではその位置が40パーセントあたりまで後退している。 
この書籍は32年も前に出版されていますが、最近はもっと後方になっているかもしれない。

この要因は何なのか。 その一つはゆびの付け根の関節が機能停止の傾向にあるのでは。 この関節の機能的低下は、やがて人類は二本の足の裏で立つことができなくなり・・。  このような傾向は「気構え」の喪失が直立能力の衰退に深い関係があると。 
「気構え」とは何事かを予期して心に待ち受けること。 子どもが遠足や運動会の前の晩に小躍りで「明日を待つ」、こんなに小さな、こんなに純な、こんなにも自由なハートを、現代人は忘れてしまった。 そのためしっかりとした、生き生きとした「立ち構え」をとることができなくなったらしい。 

「小躍りをするような」希望の大事さを小生も感じていました。
最近イスに掛けても背もたれに背中がついて足が前方に浮いている若者を多く見受けるが、このような姿勢も「ふんぞり返り」の始まりのような気がする。
「イスに掛けたら膝の真下に足のゆびがある」ことを提唱している研究者がいます。 常につま先に荷重がかかると人は積極的に見えるものです。

生き生きとした立ち構えは、立ってもイスに掛けても、さらにウォーキングでも同じことです。 高齢者になればさらに重要なことです。 
常に「気構えの大事さ」を考えてみましょう。

足と靴健康アドバイザー 大木禁次 №3340

2024年5月 8日 (水)

ムスコとタマの定位置  

ムスコとタマは左側に置け・・・この話は書籍・足の裏は語る(平沢彌一郎 筑摩書房)に記されているものです。 皆さん何のことかわかりますか?

書籍から抜粋しますが、軍隊に入ったとき一番最初にムスコとタマをズボンの左足の方へもっていけと教育を受けたとあります。 そこでなぜそういう教育をしたのか、その根拠はと教育を受けた人に訊ねてみたが、誰一人として知らないという。 どうやら「命令」には説明無用らしい。
タマとムスコの位置を調べたところ、ズボンの左側にあったものは助かることが多く、右側にあった者は死んでいく傾向にあったというのである。 

左と右足の間に「機能的一側優位性」が存在し、つまり左足と右足には、その働きの中ではっきりとした役割分担があり、そのことがムスコとタマが左側の位置に定まることと密接な関係があることが明らかになってきたのです。 泌尿器科の専門家に伺ったところ「睾丸(こうがん)は左が右よりやや低い位置にあることは我々の常識で、それ以外のことは考えてみたことない」と記されています。
これ以上は、紙面の都合で割愛いたしますが、興味のある方は図書館などで上記の書籍に目を通していただきたい。

実は現在でも上記のようなことがあるのではと思い、洋服のオーダーメイドの職人さんに伺ったことがあります。 
その答えは「あり」でした・・・スラックスの採寸のさい、ムスコトとタマの位置をさりげなくチェックしているとのこと、大方「左」ですね、と即答され、左側を太く作ると。

右側に置くとどうも落ち着かない。 特に細身のスラックスを選ぶときは注意をしています。 ちょっと太めのほうが、靴のフィッテング中に立ったり片膝をついたりするときは、ムスコとタマの位置は特に大事です。

足と靴健康アドバイザー 大木金次 №3339

2024年5月 4日 (土)

足ゆびの開き・・開きにくい人は手の指と同時に開いてみよう  

毎朝、目が開いたら写真のように手と足を同時にパーをしています。 足のゆびは、最初は手のように開きにくいものですが、だんだん手の指のように開いてきました。  そこで足のゆびは手指の開きと同調?するのではないかと気が付いたのです。 

Img_2706_20231205111301
少しづつやっていると、パーだけではなくグーやチョキも同時にできるようになってきました。 

ところで、なぜ足ゆびのパーに挑戦する必要があるのでしょう。
それは歩行時の足ゆびをみると、前に振り出すと同時に足のゆびはわずかに開いていることに気がついたからです。 特に第1趾はよく動きます。 動くというより開くといったほうがいいようです。

そこで靴はつま先余裕が大事であることが理解できるのですが、その余裕は長さや高さや幅のすべてです。 しかし肝心なことですが、足ゆびそのものが動きにくければつま先余裕があっても効果がでません。 このことは重要なことですが、多くの方が見落としているような気がします。
ただ残念なことですが、せっかく五本ゆびソックスを履いても、ゆびの動きにくい細いつま先(靴のトウ)の靴を履いたのでは、ゆびの開きは期待できません。

つま先は手の指と同じで「開いてこそ力が発揮できる」と考えています。 皆さんも同じ考えでしょうか? ご教示いただきたいところです。

靴を選ぶとき、特にウォーキングシューズなどのチェックポイントは、靴の中で足ゆびが開くことです。
足と靴健康アドバイザー 大木金次 №3337

2024年4月30日 (火)

だいぶ お疲れのようです 

写真は電車の車内で午後の4時ごろで、靴を脱いだまま両足が床に鎮座?しています。
足の疲れであることが一瞬にしてわかりますが、靴を履いているだけで足がつらいのでしょう。 客が少なければイスの上に足を投げ出したいところ。 靴業に携わるものとして残念な光景です。 しかし車内ではなんともできません。 
人の目がなければさすってあげたいところです。

Photo_20231203104101
私が当事者でしたらこんなとき次のようなことをします。
辛さを我慢するより、立ち上がって少しつま先立ちや足踏みをします。 さらに吊り輪につかまってつま先立ちを繰り返します。 しかしそれはつま先立ちをする元気があればの話です。 
座っていれば、
さらに足はむくんでくることがあります。
おそらくこの方は最初(以前は)少し楽だったのではないだろうか。 その時に手を打つことが肝心です。

れから、最初にも記しましたが、自分でつま先から足全体をもんでみます。 その後「ふくらはぎ」を下からさすってみます。 そして膝裏までもんでみます。 
このようなことは人目が気になりますが、そこは勇気がいります。 足もみをする前に隣の人にお断りをしましょう。 電車内で素足を出すよりいいのではないでしょうか。 

肝心なことですが、このような方は靴を購入するとき、足ゆびがパーできるほどのトウ先(つま先)の靴を選ぶことです。 うっ血はつま先から始まると考えています。 
足と靴健康アドバイザー 大木金次 №3335

2024年4月14日 (日)

壮年期の靴選び  

安積和夫医師は、次のような内容を記しています(書籍 靴と健康 黎明書房から) 
20歳代の足の靴への適合性が強い間に、靴底の摩耗具合、靴の甲部の変歪(へんわい)の程度などを確かめ、足と靴の相互の影響を知っておくことが大切である。 靴底と靴の甲部の変歪は、革靴にもっともよくあらわれてくるからであると。

確かにその通りのようです。
小生が最初に履いた革底の靴でもっともはやく摩耗するところは右足の第一趾(親指)でした。 次に左、そして右足のソール先端でした。
この話は若い時のことで一足5500円の頃、それも10回払いで購入した時代です。 その時の月給は確か20,000円ぐらいのようでした。 そんな以前ですが靴のことはよく覚えているもので、毎日寮に帰ると廊下に出て靴磨きをしたもの、宝物のような感じで大事にしたものです。

ところが最近合成底の靴を履くようになると、靴磨きはするものの靴底の摩耗まで確認することが少なくなった。 その訳はあまり摩耗が進まないからです。 その要因は底の材質だけではないかもしれません。 若い頃より歩き方がやさしくなったのかもしれません。 また高齢になると靴内にかく汗の量も減少しているようにも思います。

こうしてみると靴の底を確認していた時代がいかに貴重であったか。 安積和夫医師のお話の通りのようです。
安積和夫医師の「適合性の強い間に」です。

足と靴健康アドバイザー 大木金次 3327

2024年3月24日 (日)

靴のなかの足は,汚れている

「足は身体のなかで一番汗かきで汚れている。 足が傷付いた時,細菌感染を起こし化膿しやすいのはこのためである」と記されています(靴と健康から 安積和夫医師 黎明書房)

以前から体の中でもっとも汚れているのは「足」とよく言われているが、それでも足は丈夫な部位である。 よく耳にするのは「水虫」かもしれません。 簡単に水虫というものの、発症したらなかなか完治しないのが水虫、靴という大変苛酷なところで生き抜いているからかもしれない。

足の衛生の始まりは「足を洗うこと」ではないだろうか。 靴を脱いだら足を洗うこと。 同時に靴の中敷きを取り出し陰干しをすること。 中敷きの抜けない靴は通気性のよいところに置くことです。
そして肝心なことは続けて履かないこと、少なくとも中二日乾燥させることです。

ここで重要なことは「習慣にすること」です。 なんでも習慣にすると面倒ではなくなる。 しかし靴を立ったまま履いたり脱いだりしているととても面倒になるものです。 腰を曲げたまま靴の着脱は体力がいる。 歳とともに難しくなっていくのが普通です。

最近はフットケアに注目が集まっています。 足の衛生や管理です、近くにフットケアの表示をみたら一度お世話になってみましょう。 フットケアとはどんなものか、大きな発見があると思われます。 特に高齢者のいる家庭はお世話になることをお勧めいたします。

足と靴健康アドバイザー 大木金次 №3317

2024年3月20日 (水)

事務職の方は時々立って血液の循環を促すこと 

イス座業者は精神的緊張が強い時、足の発汗量が増え靴の中の湿度が高くなる。 寒い季節には寒気が強く、暑い時には熱気を強く感じる。 座っているため靴のふいご現象は起こらない。 時々立って歩いて用事をすることは精神的緊張をやわらげ、血液循環をよくし、靴のふいご現象をおこすことになる。 以上、書籍「靴と健康(黎明書房)」から。

靴のふいご現象とは、歩くことで靴内の空気が動くことを示しています。 歩いた時足の屈曲と同時に靴と足のわずかな隙間から空気が出入りするものです。 ふいご現象とはよく言ったものですが、大変重要な現象で多くの方に知って頂きたいものです。 『靴合わせはここにあり』と言っても過言ではありません。

事務職の方は、よく足が冷えると言われます。 暖房をしていても最下位にある足は冷えやすいもの、適当な時間が経過したら立ち上がって努めて歩くようにしましょう。 
ただ、歩くだけでは上司の目が気になるものです。 トイレや適当な用事を作るなど工夫が必要です。

パソコンを操作している方でしたら、適当な間隔で休憩を入れるようにしましょう。 つい忙しすぎ気がつかずということがほとんどです。 適当に立ったり歩くことを習慣にしましょう。

それから大事なことですが、イスにかけてもつま先に力が入るよう「半掛け」をすることが大事です。 最初は少し辛いかもしれませんが、だんだん腹筋がついてくると半掛けで長時間座れるようになります。 
そこで重要なポイント・・それはイスにかけたとき膝の真下につま先があることです。 ぜひお試しになってください。

足と靴健康アドバイザー 大木金次 №3315

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30