無料ブログはココログ

2019年8月20日 (火)

左右デザイン違いの靴に抵抗しますか? 

身に付けるもので左右のあるものは手袋やソックス、靴でしょうか。 メガネやスラックスなどは左右ある物とは言わないが左側右側でデザインの違うものは以前から出ている。  

074

左右が別になる靴はどうでしょう?
先日スポーツジムでバーベルを上げている男性の後ろ姿を見た。 目に付いたのが左右配色の違うハイカットのスポーツタイプの靴、それにはほんとに驚いた。  アドバイスをするインストラクターの目にはどのように映ったのか、いささか心配になった。 靴が気になって適切なアドバイスが出てこないのでは?と思ったのです。 

ソックスの左右カラー違いは一般的になったが、最近は五本ゆびソックスが多くなり、ゆびの左右カラー違いをみるようになった。 しかしソックスは左右で違ってもあまり気にならない。 なぜ靴とソックスでこうも受ける感覚が違うのだろう。

ところで30年ほど前の話で恐縮ですが、左右のサイズをバラ売りしたことがある。 たとえば左24 右25というような販売である。 ところが左右で大きさが違っていることに抵抗する顧客が意外に多かったのです。 左右の足のサイズが違うのですから大きさが違って当たり前と思ったら、理屈通りにはいかなかった。 その差は左右を並べて初めてわかるほどの違いである。 手袋の場合左右の大きさが違っても靴のような違和感はもたれないでしょう。 
靴のデザインの左右差は一般的になっても、大きさの違いに違和感を持つ人は変わらないでしょう。
 
話の方向が違いますが、、双子の子どもには同じ服や靴をはかせていることが多いようです。 そのような話が靴の左右差に抵抗をする人が多いことと共通するような気がするが、いかがでしょうか。 突拍子もない話で恐縮でした。

足と靴健康アドバイザー№2,495

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31