無料ブログはココログ

« 指定靴について  | トップページ | 靴の手入れ »

2024年4月 2日 (火)

除隊のとき、靴を返すときは水で洗って返す 

表題のテーマは「靴を考える会」において出た話で、書籍「靴と健康 著者・安積和夫医師 黎明書房」にも記されている。

靴の手入れの中で元自衛隊員の某氏は、ワックスをつけて布で磨き上げる過程で「だ液」を塗りながら徹底的に磨き上げるという。 また除隊のとき靴を返すときは水で洗って返すと話をされた。 
汚れた靴を石けんと水で徹底的に洗って清潔にする。 
廃棄のため、汚れている靴をそのまま係の人に渡すよりは、行き届いた気配りであり見習ってよいことである。と医師は書かれている。

「だ液」を塗りながらには驚くが、ややもすると水より光沢がでるのかもしれない? 小生はいまだにやったことありません。 現在は布に水をつけながらクリームをのばしているが、とくに販売前の靴は顧客の目もあり「だ液」はご法度(はっと)に。

自衛隊の方々は今も一生懸命に靴を磨いていると思われます。 靴は自分の分身であるという話も聞こえてきます。 それほど靴は大事な身の回り品である。 このようなことは今でもスポーツ界でしっかり指導されている。 

靴は身体の一部、しかも高価なもの。 もし廃棄するときはしっかり磨き上げて袋に入れて出しましょう。 
先にも出ているが洗ってから出して頂くとゴミ処理の担当者に感謝されるに違いありません。

足と靴健康アドバイザー 大木金次 №3321

« 指定靴について  | トップページ | 靴の手入れ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 指定靴について  | トップページ | 靴の手入れ »

最近のトラックバック

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31