無料ブログはココログ

« 靴に靴型のナンバー(又はニックネーム)を表示  | トップページ | 靴の重さ   »

2024年4月18日 (木)

歩容(ほよう)・・歩き癖(あるきぐせ)  

歩容(歩き癖)は個人によって特徴があり、これを見るとき個人を識別できる。 また歩容は靴の重さ・踵の高さ・適合性の良し悪しによって変わる。 民族性、国民性の特徴もあり、外国人の歩行をみるとき、おおよその国柄がわかることがある。 人の歩容は社会環境に適するよう、個人に合うように本人が気づかないうちに作り上げられているのである。(靴と健康から 安積和夫医師 黎明書房から)

歩き癖(くせ)という言葉は、あまりいい意味でつかわれることがないようですが、いい歩容?にも使ってはどうだろうか。 ただやはり「癖(くせ)」という言葉がどうも気になります。

人の歩容は遠くからでも判別できるほど、独特なものがあり、特に後ろから見るとよくわかるようです。 
安積和夫医師が指摘されているように、歩容は使用している靴による影響が多分にあるような気がします。 

指摘されている中で「国柄がわかる」という話にはするどいものを感じます。 私も靴に関わって相当な年月が経ちますが、今からでも研究したいテーマです。 最近は来日される外国人が増加していることもあり、絶好の機会です。

ところで「歩き癖」を当人に伝えることはできるだろうか? 特に靴売り場の店頭でフィッテング中に伝えたいのですが、商売がからむと難しいものがあります。 簡単にパントマイムのように「マネ」をして見せることになるが、お客様はすんなり受け入れてくれるだろうか?
靴によって歩容が違う場合は、勇気をもって伝えたいものです。 「靴によって変化するのですか」と驚かれるのではないだろうか。

足と健康アドバイザー 大木金次 №3329

« 靴に靴型のナンバー(又はニックネーム)を表示  | トップページ | 靴の重さ   »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 靴に靴型のナンバー(又はニックネーム)を表示  | トップページ | 靴の重さ   »

最近のトラックバック

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31