無料ブログはココログ

« 靴のトウが汚れやすい   | トップページ | 足のゆびは開いてこそ力が入る  »

2022年11月18日 (金)

靴の腰周りの高さ・・外側は低い  

多くの方が気がつかないヵ所ですが、靴(写真)の外くるぶしの下にあたるトップライン(履き口)は内側に比べ低くなっています。
この位置には、月型芯といわれる硬い芯が入っていますので、フィッテングは大変重要です。 靴を選ぶ際は左右とも高さを確認することが重要です。 片方だけの確認で済ますことは危険です。

Img_2036
くるぶしの下には重要な腱が通っているため、くるぶしが当たり始めると歩くことが困難になってしまいます。 

靴選びの際のフィッテングは、右足は右側に回って当たらない(擦れない)ことです。 左足は左側に回ってみることです。 少しでも触れそうだと思ったときはさらに慎重に確認しましょう。

もし購入後に当たる場合は、この位置のトップラインを指で押し下げてみることです。 何度も行うとやわらかくなりわずかに下がります。 もしそれでも当たりやすい時は、靴の中の踵の下にテッシュペーパーやハンカチを敷いてみることです。
この方法はトップラインに当たり始めたらすぐに行うことです。 100mも痛みを我慢してはいけません。
足と靴健康アドバイザー 大木金次 №3076

« 靴のトウが汚れやすい   | トップページ | 足のゆびは開いてこそ力が入る  »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 靴のトウが汚れやすい   | トップページ | 足のゆびは開いてこそ力が入る  »

最近のトラックバック

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31