無料ブログはココログ

« 靴を洗ってみよう  | トップページ | ブラウンカラーの靴が多くなってきました  »

2020年12月 6日 (日)

シューツリーを使いましょう 

シューツリー(写真)を使っていますか?
大切な靴ほど管理が重要です。
足回りは面倒、忙しいと感じる人が多いが大事な靴ひもでさえ結んだままで着脱をする人が多い。 それに加え脱いだ後にシューツリーを入れるなど、「そんな面倒な」とよく言われます。 それが現実のようで足回りは関心が低いようです。

Dsc00137
シューツリーが特に必要なときは、
出張や旅行などで何日も一足で通したときはアッパーも表底も中底も、腰周りもすべてが疲れ果てます。 まさに自分の体と同じです。 自宅に戻ったらシューツリーを入れ日陰で乾燥させましょう。

次に、今日は疲れた!という日は靴も疲れているものです。 疲れは頭中心に考えがちですが、足もとも疲れています。 そのようなときは歩行が乱れていることが多い。 疲れている人を後方からみると蛇行して歩いていることが多いのです。 それだけに靴の消耗も激しくなり、靴にも休憩が必要になります。 そのときにはシューツリーを入れましょう。

雨に遭遇したときは、新聞紙を入れ乾燥させましょう。 半乾きになったらシューツリーを入れると形がキッチリします。

アッパーに異常なシワが付いた時、またトウが上がりすぎたときにはシューツリーを使いましょう。
靴の手入れをするときはシューツリーを入れ甲を伸ばしてクリームをさしましょう。 手入れがしやすくなります。

どんな靴でも使用後はシワがつきものです。 脱いだ直後にシューツリーを入れましょう。 そして数日後履いてみると足を入れた瞬間いい感触がするものです。 それは乾燥と共にシワが伸ばされているからです。
足と靴健康アドバイザー 大木金次 №2727

« 靴を洗ってみよう  | トップページ | ブラウンカラーの靴が多くなってきました  »

コメント

シューホーンは靴ベラのことを意味します。

 写真の器具は「シューツリー」ではないでしょうか。

芦澤 様 
ご指摘ありがとうございます。
シューツリーでした。 
さっそく訂正いたしました。大木金次

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 靴を洗ってみよう  | トップページ | ブラウンカラーの靴が多くなってきました  »

最近のトラックバック

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31