無料ブログはココログ

« 靴の姿勢をみる習慣をもちましょう    | トップページ | シューキーパー、今履いている靴に入れてみよう  »

2020年9月24日 (木)

安易につかってはいけない外側が高い踵敷き 

写真の中敷きは靴の踵部の真下に張り付けるもの、外側が高くできており多くはO脚の方が使用する。
O脚は男性に多くスポーツシューズや紳士靴の売り場で販売されることが多い。 しかし最近はドラックストアやファッショングッツの店などでも扱っています。 販路が多くなるにしたがって、靴の摩耗を見るだけで安易に購入するケースが多くなっている。 

Dsc03013
この中敷きで注意を要することは扁平ぎみの足に入れると、扁平がさらに強くなることがあります。 靴のヒールの減り方を押さえるために、単純に写真の中敷きを購入する人がいるようです。
骨格を矯正するような中敷きは、使い方を間違えると大変なことになります。 売り場で詳しい方に相談の上使用するように願いたいものです。
ちなみに写真の中敷きを左右反対にすればX脚用ということになります。 
足と靴健康アドバイザー 大木金次 №2691

« 靴の姿勢をみる習慣をもちましょう    | トップページ | シューキーパー、今履いている靴に入れてみよう  »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 靴の姿勢をみる習慣をもちましょう    | トップページ | シューキーパー、今履いている靴に入れてみよう  »

最近のトラックバック

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31