無料ブログはココログ

« どうしてこのようなデザインを選ぶのでしょう?  | トップページ | 極上の靴への配慮  »

2020年8月 8日 (土)

靴底の摩耗が左右で違う 

最近は合成底の使用者が増え、写真(革底)のように摩耗に左右差を見ることが少なくなった。 少ないというより左右差が見えにくいということかもしれません。 それほど合成底は耐久力が強いということでしょう。 左右差を発見しやすい革底、どうしてこのようになるのでしょう? 革そのものの品質、例えば革繊維の緻密さに左右差があると写真のようなことになるようです。 

Vfts0027
それでは、革の品質以外にどうして摩耗に左右差が起こるのでしょう?
端的に左足よりも右足に過剰な体重がかかっていることが上げられる。 その要因は片側の土踏まずが下がっていることや脚の長さに違いがあるなど。 また筋力による影響も考えられる。
さらに右足がすり足の状態。 右足のけり返しが強いときなども考えられる。 

写真のような左右差に、使用している本人はほとんど気が付かないことが多いが、指摘されれば思い出す人がいる。 気が付かずにいると健康問題にも結びつく可能性もあります。
店頭で立ち方などを簡単にチェック、それは簡単に見分けることはむずかしいようですが、シューフィッターに伺ってみてはどうでしょうか。

足は身体の土台、足もとが揺らぐと上半身は崩れ歩行が騒がしくなってしまう。 結果的に疲れやすくなる。
体重の左右差を測る体重計などがあれば簡単に気が付くことができる。 しかし商品化されているものはまだないようです。  なお
左右のバランスがわかる体重計について、2020年6月30日に投稿しています。
足と靴健康アドバイザー 大木金次 №2668

« どうしてこのようなデザインを選ぶのでしょう?  | トップページ | 極上の靴への配慮  »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« どうしてこのようなデザインを選ぶのでしょう?  | トップページ | 極上の靴への配慮  »

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30