無料ブログはココログ

« 落ち着きを感じる靴  | トップページ | 定期的に靴をチェックしましょう  »

2020年7月28日 (火)

先芯に横シワが入る 

写真はストレートチップ(一文字)の清楚なデザインでフォーマルシューズとしても履かれるものです。 革に光沢があり最近はビジネスシューズとしても広く重宝されています。 しかし写真を見るとトウにシワが入っています。

Dsc01195
一度履いて試したところシワが見えるようになってしまったこの靴、試さなければまったくわからなかった。 靴は履いて歩いてみなければ購入できないという典型的な例のようです。

なぜこうなってしまう?・・・・先芯が弱いのか、または先芯が短いのか。 ファッションを考えトウを長くしたのであれば、先芯も変更しなければなりません。 先芯は量産されたものがほとんどで、そう簡単に長さを変更することはむずかしい。 
現在は長めのトウが多くなっておりファッションについて行くことはメーカーとしては重要なことですが、部品まで変更することは容易なことではありません。 

他の商品と比べ靴のコストは高過ぎると言われ採算性が大変。 また靴は左右あるため気を緩めることができない商品とも言われています。

足と靴健康アドバイザー大木金次№2663

« 落ち着きを感じる靴  | トップページ | 定期的に靴をチェックしましょう  »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 落ち着きを感じる靴  | トップページ | 定期的に靴をチェックしましょう  »

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30