無料ブログはココログ

« ヒールの摩耗に関心をもちましょう | トップページ | ビット(金具)付きは慎重に選ぶ   »

2020年7月 8日 (水)

骨格に合ったシューズ  

Photo_20200225112101 骨格に合ったとは誠に大雑把ですが、今回は踵骨から趾(ゆび)が曲がるボール部までの長さに合った靴を選びましょう、という内容 です。
趾の曲がる位置は第一趾から第五趾の中足骨骨頭部で、もっとも広い位置(ボールジョイント)が矢印の位置です。 それより後方では曲げることはできません。 そうすると靴選びは当然なことですが足のサイズに合わせて選ぶことが基本になります。 

履いている靴をみるともっとも幅の広い位置が曲がるところで、足のもっとも広い位置(ボールジョイント)がそこにくる必要があります。

足のサイズは様々で、例えば図のブルーライン部分が長い人は靴のボールジョイントの位置より前にきてしまいます。 歩き始めは何も感じないものの、歩くほどに窮屈さを感じるようになり歩き通せなくなってしまうのです。

019jpg-jpg_20200225112201 特に外反母趾の方は慎重に靴選びをする必要があります。 シューフィッターと共にフィッテングをしましょう。

足の長さは様々と記しましたが、靴のほうは平均的なサイズで作っています。 そのために平均を超えた人、また平均を下回る人は合いにくくなってしまう。 
そうすると足を計測する必要が出てきます。 靴選びは足の計測からということです。

靴は量産体制で平均的なサイズで作られ、しかも出来上がった靴には矢印までのサイズは記入されていません。 そうするとキャリアの豊富なシューフィッターによるフィッテングが非常に重要になります。

足と靴健康アドバイザー 大木金次 №2653

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« ヒールの摩耗に関心をもちましょう | トップページ | ビット(金具)付きは慎重に選ぶ   »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヒールの摩耗に関心をもちましょう | トップページ | ビット(金具)付きは慎重に選ぶ   »

最近のトラックバック

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31