無料ブログはココログ

« 靴を処分するときは中敷きを抜いてとっておきましょう  | トップページ | ゆびの下に名刺を入れ浮きゆびをみる  »

2020年6月22日 (月)

二段ハトメの簡単なひも解き

二段ハトメ(ひも通し)に輪(写真)を作ってひもを締め一度履いてみましょう。 二段ハトメとは一番手前(踵側)のハトメのことです。

まず靴を脱ぐときのひも解きの手順から

玄関を明るくしてイスにかけ
ヒール部をトントンして靴を立てる。
そして、 
1番をゆるめ2番内側外側を引きます。 そして3番を引き靴を脱ぎます。

Dsc04285

履くときは、脱いだ状態にまま、甲ベロを持ち靴べらを使い履き、その後内外側のひもを同時に引けば締まります。 そして結び簡単に終了です。

二段ハトメを使うと甲部の引き上げで踵部の靴が軽く上がるため快適に歩けます。 
その上甲の足背動脈が圧迫されにくい。

ただ着脱が面倒という方が余りにも多いようです。 そこで上記のように着脱に工夫をすることです。

二段ハトメのウォーキングシューズが多くなっていますが、その割合にハトメが利用されていないようです。 歩く歩数が多くなるほど二段ハトメの効果が出てきます。 
快適ウォーキングを心掛けましょう。

足と靴健康アドバイザー 大木金次 №2645

« 靴を処分するときは中敷きを抜いてとっておきましょう  | トップページ | ゆびの下に名刺を入れ浮きゆびをみる  »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 靴を処分するときは中敷きを抜いてとっておきましょう  | トップページ | ゆびの下に名刺を入れ浮きゆびをみる  »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31