無料ブログはココログ

« 靴ひもを締めて、後ろ歩きを2~3分してみよう  | トップページ | おしっこが出やすい靴  »

2020年6月16日 (火)

男性のフォーマルシューズ  

Photo_20200207104301

フォーマルシューズを購入する人は、ビジネスにも履けるものがいいとよく言われます(特に男性)
男性のフォーマルシューズの代表はストレートチップ(写真・・ 一文字・けりつき)が上げられるが、次いでトウ(靴のつま先)に飾りのないものが好ましい。

最近の結婚式をみると主催者より派手なシューズを身に着けた出席者が非常に多くなっている。

ストレートチップは歩くときにできる曲げシワがトウ(靴のつま先)までいかないようになっている。 つまりフィットした感覚でシューズは常に清楚さを保つようなデザインなのです。 フォーマルウエアには無駄なシワが一つもありません。 少々動いてもシワをみることはない、しかしシューズは曲げシワが必ず発生します。 それをストレートチップで止めているということになります。

それでは結婚式にはなぜ常履きではないシューズが適当なのでしょう。
それは主催者(結婚当事者)への配慮です。 特に大事なお祝いなどの席では主催者を盛り上げるような服装がベストなのではないでしょうか。 それには上に記した、清楚であること、そして主催者に対して控えめであること。

現在、ストレートチップのデザインがビジネスに多く履かれるようになりました。 特に書類を大切にする弁護士や会計士・税理士の方に愛用者が多い。 そのような方は持ち歩くバッグにも反映され、口が大きく開くダレス型が好まれ、両手で書類を出し入れすることができる。 そのしぐさは先様の前で書類を大事に取り扱うことを印象付けます。 ダレスバックにストレートチップの靴をみると、その方の仕事がわかると言われている。

今時、「ストレートチップは控えめすぎる」という言葉が聴こえそうですが、結婚式等での足もとは特に大事なことです。

足と靴健康アドバイザー 大木金次 №2642

« 靴ひもを締めて、後ろ歩きを2~3分してみよう  | トップページ | おしっこが出やすい靴  »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 靴ひもを締めて、後ろ歩きを2~3分してみよう  | トップページ | おしっこが出やすい靴  »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31