無料ブログはココログ

« ゆびの下に名刺を入れ浮きゆびをみる  | トップページ | すり足歩行に気づいていない・・せっかくのウォーキングがもったいない »

2020年6月26日 (金)

中敷きの効果は中足部から後足部に 

中敷きの効果はサイズの調整よりも足をサポートすることにあるという話です。

好みのデザインを聞くと、ほとんどの方がトウ(靴のつま先部分)のデザインに集中し、履き口や後足部について話が出ることは少ないようです。 とくにトウについては、自分のつま先幅を超えるような広いトウを好む方はごくまれである。

端的に言えば細いトウを好む方がほとんど。 そして時には靴の先までサイズの調整として中敷きを挿入し、結果としてゆびがきついと言われる。 足の中で最も広いところはゆびの部分ですが、それがわかっていても細い靴を購入してしまう。

Dsc04169-6
中敷きの効果は上記の写真のように中足部から後足部にあることがわかります。この中敷きは踵から三分の二ぐらいの長さのものです。
説明書きには、
中足部については、中足骨を下からサポートするという機能、また土踏まずをサポートする機能をもつ。 
後足部については、後足部のアーチをサポートすること、またヒールをサポートする機能があると記しています。

こうして中敷きの効果をみると、トウに該当するものはなにもありません。 つまりトウの空間を保ちつつ、その後方をサポートするというものが中敷きなのです。 しかし多くの方はサイズの調整、しかも前足部の調整ばかりに目がいっているようです。
サイズの調整がトウまで入ると当然きつくなりやすい。 これでは中足部からのサポートの効果は半減してしまうのです。
そこで、写真のようなトウに入れない短めの中敷きがあるのです。

つま先の幅に匹敵するデザインを選んでほしい、靴選びはそこから始まります。

足と靴健康アドバイザー 大木金次 №2647

« ゆびの下に名刺を入れ浮きゆびをみる  | トップページ | すり足歩行に気づいていない・・せっかくのウォーキングがもったいない »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ゆびの下に名刺を入れ浮きゆびをみる  | トップページ | すり足歩行に気づいていない・・せっかくのウォーキングがもったいない »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31