無料ブログはココログ

« すり足歩行に気づいていない・・せっかくのウォーキングがもったいない | トップページ | 蹲踞(そんきょ)をしてみると つま先の余裕がわかる  »

2020年6月30日 (火)

体重の左右差がわかる体重計の開発 

健康問題に欠かせない左足と右足にかかる体重のバランス。 

マッサージ機器のセールスマンは二台の体重計を持参して左右のバランスをみている。 体重計に乗り左右の体重が確定し、その結果によってマッサージの話をしている。 

Dsc00554_20200701091201 左右の体重差が1キロ、2キロ、3キロ以上など。
なぜ体重が左右で違ってくるのか? 様々な要因が上げられる。
腰の痛みから始まり、足のケガ、足の扁平、脚長差、股関節やO脚、常日頃の生活姿勢また靴によるもの、中には目や耳の機能に左右差があるときも体重の左右差に影響することがある。

今回のテーマは左右のバランスをみる体重計の話ですが、探してみたが市場にはないようである。
左右のバランスは健康問題に強く影響することは、誰もが承知しているはずです。 それでも開発に至らないのにはどうしてでしょうか。 

左右差1~2キロ、体重比2~4%は見逃しやすい値、しかし歩く歩数は莫大な数字で体への影響は計り知れないといえる。 そして生涯その繰り返しになる。 

左右差が出る体重計の開発を願っております。 常日頃から多くの方にバランスの大切さに関心を持って頂きたいものです。
図は「わかりやすい子どもの足とはき物の話 原田碩三氏 日本教育シューズ協議会」から。

足と靴健康アドバイザー 大木金次 №2649

« すり足歩行に気づいていない・・せっかくのウォーキングがもったいない | トップページ | 蹲踞(そんきょ)をしてみると つま先の余裕がわかる  »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« すり足歩行に気づいていない・・せっかくのウォーキングがもったいない | トップページ | 蹲踞(そんきょ)をしてみると つま先の余裕がわかる  »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31