無料ブログはココログ

« 靴販売員に感激・・決まった靴は足もとに置いたまま入金へ | トップページ | 以前使用していた革底の靴、足裏が痛くて履けない »

2020年5月 6日 (水)

靴販売員に感激・・同じサイズを2足履かせてくれた 

今回のテーマ「同じサイズ2足を履かせてくれた」という内容は、顧客が靴購入後わざわざ私に話をしてくれたことです。その顧客は何度もご来店を頂いているなじみの顧客でした。 よほど感激されたようで、「何十年も靴を選んでいるが同じサイズを2足試したのは初めて」と語っておられました。 そして「同じサイズでもずいぶん違いがあるものですね、あの若い販売員に教えられた」と興奮気味でした。

Dsc03630-2売り場ではテーブルワゴンを使ってできるだけたくさんの靴を乗せ店頭に出庫しています。 指示されたサイズと前後のサイズ、またカラー違い、お勧めの靴などを乗せるとすぐに6足ぐらいになります。
その中に今回は同じサイズをもう一足乗せ履いていただいたということで、別段変わったことではありません。 たまたま同じサイズが2足ストックにあったのでついでに出庫したとのことでしたが、顧客にとっては初めての経験だったようです。

靴のフィット感に同じものはない・・・店頭において常々そんな話をしています。 そのようなことはテキストには記しておらず経験上から話をしているものです。 それを実行してくれたことは大変うれしいことです。
しかし売り上げ目標が未達などのときは、気持ちに余裕がなくなり、なかなか実行できないものです。

顧客の「勉強になった」という言葉はとてもありがたいことです。 おそらくその顧客は今後どこの店でも同じサイズがあったらもう一足履いてみたいと申し出ることでしょう。 そうすると日本の靴のフィッテング技術がいっそう評価されていくのではないでしょうか。 そう願いたいものです。

足と靴健康アドバイザー 大木金次 №2622

« 靴販売員に感激・・決まった靴は足もとに置いたまま入金へ | トップページ | 以前使用していた革底の靴、足裏が痛くて履けない »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 靴販売員に感激・・決まった靴は足もとに置いたまま入金へ | トップページ | 以前使用していた革底の靴、足裏が痛くて履けない »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31