無料ブログはココログ

« 靴販売員に感激・・靴まで磨いてくれてありがとう  | トップページ | 靴販売員に感動・・・履いている靴に手を入れ確認してくれた  »

2020年5月24日 (日)

靴販売員の一言に感激・・フォーマルな靴はつま先ゆったりがいい 

フォーマルシューズは出番は少ないため、フィッテングがお粗末になりやすいようです。 多くの方がデザイン最優先で選ばれている。 

どの店もどの販売員もマニュアル通りの言葉を発するが、とくにフォーマルシューズについては、「きれいですよ」という言葉が頻繁に出るようです。
そんな中、「フォーマルに履く靴はつま先がゆったりするほうがいいですよ」とアドバイスをくれた販売員に,顧客は
大変感激したと語っていました。 

その顧客は以前つま先が苦しくなったことを想い出したと言うのです。 突然の葬式に履いて行った靴で立ちっぱなし、だんだんつま先がきつくなり冷や汗をかいた。 長年靴を履いてきたが高齢になっても靴で失敗する、そのような語り口でした。 それで改めて靴を購入しようとしたところ、「つま先はゆったりがいい」という言葉を出されて、ほんとにその通りと思ったそうです。 しかも若い販売員に教えられた、と。 

その上顧客は突然の葬式に履いていったそのフォーマルシューズに、過去に失敗(きつすぎた)したことをまったく忘れていたと言う。 それほど足もとは忘れやすいところです。 

改まった式場では終わるまできちっとした姿勢をとることが求められるが、それだけに靴の役割は大きくデザインだけではありません。 ましてお酒が入ると足もとにむくみが生じやすい。 つまさきゆったりが一番なのです。
足と靴健康アドバイザー 大木金次 №2631


« 靴販売員に感激・・靴まで磨いてくれてありがとう  | トップページ | 靴販売員に感動・・・履いている靴に手を入れ確認してくれた  »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 靴販売員に感激・・靴まで磨いてくれてありがとう  | トップページ | 靴販売員に感動・・・履いている靴に手を入れ確認してくれた  »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31