無料ブログはココログ

« 靴販売員の一言に感激・・フォーマルな靴はつま先ゆったりがいい  | トップページ | 靴販売員に感激・・手の爪を短く切っている  »

2020年5月26日 (火)

靴販売員に感動・・・履いている靴に手を入れ確認してくれた 

足の計測を終え販売員から靴の状態はいかがですか?と聞かれました。 その直後、ちょっとすみません、靴を見せていただいていいですかと促され脱いだところ,靴内に手を入れて中の状態をみてくれたのです。 そのとき本当にびっくりしました。 汗をかいている靴の中に素手を入れ入念に確認、その様子は正にプロで職人魂を感じました、と・・・・この話は販売終了後に顧客から伺った内容です。 

その顧客は、今まで自分でも靴に手を入れることはまったくなかったと言う。 おそらく多くの方が同じではないでしょうか。 靴内は汗や汚ればかりでなく、ときにはカビなども付着していることがある。 そのため靴内を布で拭く人も少ないようです。

販売員が試し履きの靴を差し出すときは、靴内に手を入れて確認をしている。 新しい靴ですから何の躊躇もなく実行されているが、それでも手を入れることを忘れてしまう販売員は多い。 「ちょっと靴内を見せてください」と言うような販売員は常に靴内をチェックしているため、何の抵抗もないのでしょう。 基本
は常に実行することにあるようです。 
ところで履く前に
手を入れて確認する販売員に出会ったことはありますか?

履いて来られた左右の靴を目の前に置き、靴内に両手を同時に入れ、中
の状態を観察すると意外なことがわかります。 凹凸に左右差があり踏みつけの強さが把握できます。 ときには中底や甲裏などの破損状態に左右差が生じていることもあります。
今では手よりもスコープなどの器具でみるところもあるのではないでしょうか。


靴内に手を入れてみると立ち方や歩き方が、正に手に取るようにわかりますが、
そのようなわずかな行為に顧客は感激されたのです。 足もとや靴って思いもかけないような驚きがあるものです。

足と靴健康アドバイザー 大木金次 №2632  

« 靴販売員の一言に感激・・フォーマルな靴はつま先ゆったりがいい  | トップページ | 靴販売員に感激・・手の爪を短く切っている  »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 靴販売員の一言に感激・・フォーマルな靴はつま先ゆったりがいい  | トップページ | 靴販売員に感激・・手の爪を短く切っている  »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31