無料ブログはココログ

« 靴販売員に感激・・・階段でも試し履きをさせてくれた  | トップページ | 靴販売員に感激・・修理承り伝票に靴のイラストを描いている  »

2020年5月18日 (月)

靴販売員に感激・・足の裏が粗いですね 

顧客が入店して試し履きに入るまでの販売員の誘導はさまざまで長年のキャリアがみえるところです。 足の計測を終えてから足裏を確認する販売員がいる。 足裏はなかなか拝見しにくいところで、足を上げていただくことは意外に大変なことです。そのため、足裏を指で触れ感触で判断することになる。 
普段の生活の中で自分の足を見たりさすることは少ないもの。 フィッテング前に足裏を素手でさすってくれることに感激されたりビックリする顧客がいます。 足うらが汚れていると思っている顧客ほど販売員の行動に驚かれるようです。

「踵が粗いですね」と靴販売員の一言に、恥ずかしながら大変感動したと言われた顧客がいました。 その上「ヤスリで削りその後保湿クリームをぬることを習慣にしてほしい」と
足裏のケアまで話をしてくれたと。

踵に靴の腰周り中底(コーナー)の跡がくっきりと付いている人もいる。 足裏を洗う人は少なく、特に踵周りにはまったく無頓着な人が多い。 

余談ですが、ケアを怠り炎症を起こすこともある。 中でもハチの巣のような踵内部、ショックを吸収する機能になっているがその炎症は重大です。

靴販売員のアプローチはさまざまであっていいと考えています。 紋切型でどの販売員も同じ言葉をつかっている店が多いようですが、そのうち顧客に飽きられてくるでしょう。 
売り場の中でキャリアが深くよく知っている販売員がいるとお互いに啓発されるものです。

足裏を手で触れながら話ができる、そのような靴販売員は本当に感謝されているのです。

足と靴健康アドバイザー  大木金次 №2628






 

« 靴販売員に感激・・・階段でも試し履きをさせてくれた  | トップページ | 靴販売員に感激・・修理承り伝票に靴のイラストを描いている  »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 靴販売員に感激・・・階段でも試し履きをさせてくれた  | トップページ | 靴販売員に感激・・修理承り伝票に靴のイラストを描いている  »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31