無料ブログはココログ

« 靴を履くときは甲ベロを正位置にしましょう | トップページ | 足裏を指圧後、刺すような痛みが徐々に改善? »

2020年2月28日 (金)

足裏を押すとゆびが動く   

Dsc04209_20200228092601

手の指で足裏を押してもゆびが動かなければどうなる?  
こんな疑問をもったことはありませんか?

足裏を指圧して健康を維持するという書籍がたくさん出ていますが、足裏を押してゆびが動くという内容は意外と少ないようです。
しかし日常的に手を足裏に触れていると自然にゆびの動きが目に入り楽しくなるものです。 多くの方がここを押すと第一趾(おやゆび)や中ゆびが動く、また第五趾が動くことは経験的に知っているのではないでしょうか。

ところで、足裏を押すとゆびの動きの前に「痛い!」という人が多くなっているようである。 その痛みはとっさに足を引っ込めるほどの強烈な痛みのようです。 小生は硬い棒で押しても全く痛みがありませんので、強烈な痛みの程度が全く理解できません。

指圧で痛ければそれ以上押すことはできず「ゆびの動き」までに至らないということに気が付きます。 足を引っ込めた人の多くは、「足裏が痛いといけないのですか?」とよく質問をしますが、「痛ければ力が入りにくいでしょ」と話をします。 しかし理解が得られたかどうかがいつも不安です。
力が入るところは足ゆびのことですが、押した瞬間痛みがでれば、足ゆびが働くというところまでいきません。

足裏を指圧して足の健康具合をみるシューフィッターは、足ゆびが快調に動くかどうかもみています。 足が眠っているというような解りにくい話がありますが、指圧をして痛い足や押してもゆびが動きにくい足を言っているような気がします。
ゆびの可動域の前に、足裏を押しても痛くない足を作ってほしいものです。

肝心な話ですが、ゆびが動かなければ、石を踏んだ時安定を保つことが難しくなることを知ってほしいものです。

足と靴健康アドバイザー 大木金次 №2589

« 靴を履くときは甲ベロを正位置にしましょう | トップページ | 足裏を指圧後、刺すような痛みが徐々に改善? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 靴を履くときは甲ベロを正位置にしましょう | トップページ | 足裏を指圧後、刺すような痛みが徐々に改善? »

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30