無料ブログはココログ

« 二段ハトメを活用しましょう   | トップページ | 半敷き(踵敷き)が擦り切れはがれている  »

2019年11月16日 (土)

スマホで後ろ姿を撮って見る  

自分の立ち姿ほどわからないものはない、多くの方がそのように言います。 後ろ姿を写真に収めるという機会もありません。
 
008 それではスマホで後ろ姿を撮って、じっくり観察してみましょう。 前からより後ろからのほうがよくわかるものです。 それは観察に邪魔が入らないからで、後ろは頭から足もとまでの姿勢が一瞬に目に入ります。
できるだけ上下シンプルな洋服を着用しているとき、友人にワンショットお願いしてみましょう。 写真で撮った姿勢について友人からのアドバイスも貴重です。 
できればいつものヒールで一枚、そして高さを変えて一枚撮ってみてはいかがですか。 またスポーツタイプの靴でも撮ってみてください。

もっと本格的に・・・たとえば疲れやすい靴があったら、また歩きやすい靴でと数枚同じ高さから撮ってみるのもどうでしょうか。 自分の立ち姿に変化が見えるかもしれません。 きっと気づくことが多いと思われます。
いつも「足の上に身体がある」と投稿していますが、その大事さに気づいていただけるかもしれません。

朝のラジオ体操では、「正しい姿勢がとれるよう毎日ラジオ体操をしましょう」とアナウンスがあります。 正しい姿勢美しい姿勢がすべての始まりと信じています。 体操の前に足もとにフィットした靴も大事です。

人は左右均衡に立つことは意外と面倒なようです。 前後には注意を払いやすいようですが左右は気がつきにくいものです。 もし左右の高さが違っていましたら、暇なときにその要因を考えてみましょう。 数十年も逆戻りをして振り返ってみると気づくことがあります。 たとえば足のケガなどです。 それからいつもの仕事の姿勢や環境なども考えてみましょう。

そうすると靴選びの基準は正しい姿勢のとれる靴ということになります。 鏡ではわかりにくいためシューフィッターに後ろ姿をみていただきましょう。 
そして今回のテーマ「スマホで後ろ姿を撮って見る」、ただその写真を見ただけではわかりにくいものです。 そのときは写真を見ながらシューフィッターから立ち姿のアドバイスをえましょう。

足と靴健康アドバイザー 大木金次 №2538

« 二段ハトメを活用しましょう   | トップページ | 半敷き(踵敷き)が擦り切れはがれている  »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 二段ハトメを活用しましょう   | トップページ | 半敷き(踵敷き)が擦り切れはがれている  »

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30