無料ブログはココログ

« 「裸足(はだし)」と「素足」  | トップページ | 左右デザイン違いの靴に抵抗しますか?  »

2019年8月18日 (日)

ナンバ歩行のすすめ 

ナンバ歩行とは、右手と右足が同時に出る歩行を言います。 想像しただけでちょっと滑稽に見えるような歩行の姿です。 
どうして滑稽に見えるのでしょう。 それは日常にナンバ歩行を見ることが少ないためでしょう。

それでは、どのようなときにナンバ歩行をしているのか。
ゆっくり歩くときナンバ歩行になっていることが多いようです。 例えば、寝静まった夜の帰宅時、静かに玄関を開け腰を低くして廊下を歩いていく。 猫が獲物を見つけたときのような姿です。そうすると四つ肢の動物はナンバ歩行ということになります。 

階段を上るとき、急な階段ほどナンバ歩行になりやすい。 ところが階段を一段飛ばしで上がるときなどはナンバ歩行にならず、自然に右手左足になります。

重いものを背負ったときもナンバ歩行に、そんな経験者は多いのではないでしょうか。 昔田植えのころ大きなかごを背負って苗を運ぶときは確実にナンバ歩行になっています。 小学生のころそのような手伝いをしたことがなつかしい思い出となっています。 小さな背中に水を吸った重たい苗を運ぶのは小学生にはきつい。 

それから「能舞台」などにナンバ歩行が見えます。

こうしてみると、体がゆっくり動くときや、重い物を運ぶなど体がきつくなるとナンバ歩行が始まるようです。 また四つん這いで動くときもそうです。
身体はよくできています。 四つ肢動物のなごりが人にもみえるということではないでしょうか。

ナンバ歩行をする機会は少ないですが、あえてやってみるとどうでしょうか。 疲れも少なく心も落ち着くことがわかります。 それは腰と上半身によるひねりが少ないからでしょう

生活の合間にナンバ歩行をお勧めいたします。
 

足と靴健康アドバイザー№2,494 大木金次

« 「裸足(はだし)」と「素足」  | トップページ | 左右デザイン違いの靴に抵抗しますか?  »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「裸足(はだし)」と「素足」  | トップページ | 左右デザイン違いの靴に抵抗しますか?  »

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30