無料ブログはココログ

« 歩くことはむずかしい   | トップページ | ごく簡単な歩きやすい靴の選び方   »

2019年6月22日 (土)

脚の血流を促すお風呂  

足と靴についての啓蒙は広範囲にわたるが、そのもっとも根幹にあたるのが脚の血流である。 機内でエコノミークラス症候群の話が盛んに出たことがあったが今はそのテーマは下火のようになっている。
しかし血液循環の話は体の基本です。

先日朝のラジオにきき耳をたてていたところ、お風呂の効用の話がでました。  スピーカーは長年お風呂について研究されている早坂信哉教授(東京都市大学人間科学部)。 その中で様々な効用を挙げているが、脚の血流への影響がもっとも高いと述べている。

日本は家庭にお風呂があり、脚にとっては大変すばらしい環境にあります。  
しかし最近は忙しさのあまりシャワーだけで済ます人が増えているようです。 お風呂より町中のマッサージやさんが大変盛況で、脚にかける時間が長いようです。

人は立ち上がったことで様々な生理作用に影響を受けるようになったと言われているが、靴合わせにも大きな影響があります。 「足のむくみ」の話は靴売り場でよく出ますが多くの方が意外と大雑把なようです。 

「靴は夕方購入するのが一番ですか?」という質問が多いようですが、すべての方がそうとは限りません。  毎日靴を履いているのに、何時ごろがきつくなりやすいのか、把握をしていない人が多すぎます。 
むくみに関心のある人は靴のフィッテングを二度行ってみてください。 時間を変えてフィッテングを試すことです。

いろいろなデータがありますが、体は総論や平均では語れません。 自分の足は自分の足にきくことが重要なことです。

足と靴健康アドバイザー大木金次 №2,466

« 歩くことはむずかしい   | トップページ | ごく簡単な歩きやすい靴の選び方   »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 歩くことはむずかしい   | トップページ | ごく簡単な歩きやすい靴の選び方   »

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30