無料ブログはココログ

« 足裏を指圧してみよう   | トップページ | 下足番   »

2019年5月 8日 (水)

つま先と口呼吸  

「つま先と口呼吸」? 
 一見関連がなさそうでわかりにくい一言です。
Photo_8
店頭でなじみの顧客からドイツ留学時の話を頂いたことがあります。 トランペット奏者を目指してずいぶん以前ドイツで勉強をしていたところ、先生から「あなたの履いている靴では吹きこなしがむずかしい」と言われたそうです。
その時点では何を意味するのか全くわからなかったと言います。
後日になってトウ(靴のつま先)が細いため足ゆびに力が入りにくく、腹式呼吸がとりにくい状態になり音が出にくいことに気づいたと語っていました。
 
つま先がきつくゆびが曲がった状態で立つと、全身に反応がおきストレスがかかり、関節の動きや筋肉の活動が制限されるようになる、と言われています。


話が重なりますが、足に力が入りにくいと体は後傾し顎があがりやすく口呼吸になりやすい。 その結果トランペットも思うように操れなくなってしまう。
音楽の指導者が上記のように足と靴までアドバイスをする、そのような先生が多くなってほしい。

大事なことですが、足の上に身体があることを忘れないでいただきたい。

足と靴健康アドバイザー【大木 金次】〈№2,444〉

« 足裏を指圧してみよう   | トップページ | 下足番   »

コメント

素敵な逸話ですね。多くのお客様と接していると多くの素晴らしい出会いがあることと思います。

大高 成 様
 コメントをいただき恐縮しております。
 お話のように販売業は勉強になることが多く
 いつも聴き耳をたてています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 足裏を指圧してみよう   | トップページ | 下足番   »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31