無料ブログはココログ

« 軀立ち(からだち)   | トップページ | 足底の目覚めに、午後から中敷きを変えてみる »

2019年3月24日 (日)

土踏まずの低下がみえる 

Img_0787jpg

足を計測していると,土踏まずの低下に気がついていない人が意外に多いように思います。  生まれてから何十年も自分の足を見続けているからでしょう。    立った状態で甲側から見ても解りにくいからです。 また土踏まずを片足ずつみても左右差は見えにくい。
そこで簡単な見かたとして、イスに掛けても、また座ってもいいですから左右の足底を照らし合わせてみてください。   大雑把ですが、写真では左足が若干低下しているのが解ります。
 
ただ左右とも同じように下がっているときや、土踏まずに筋肉がついている足は写真のようなアバウトな見かたでは解りにくい。

片足の土踏まず低下の場合は、過去に関節をくじいたりをしたこと関節のある方が多いようです。  そんな話を店頭でしていると、一瞬にして過去のことを思い出すようです。

写真のような足の場合、シューフィッターに相談してみましょう。 合わせて靴の摩耗状態などを観察してより良い靴を提案をしてくれるでしょう。
足と靴健康アドバイザー【大木 金次】〈№2,422〉

« 軀立ち(からだち)   | トップページ | 足底の目覚めに、午後から中敷きを変えてみる »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 軀立ち(からだち)   | トップページ | 足底の目覚めに、午後から中敷きを変えてみる »

最近のトラックバック

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31