無料ブログはココログ

« 中敷きを外してみることを習慣にしたい   | トップページ | ファスナーが曲線になっている   »

2019年1月 8日 (火)

足が冷たい時は20分ぐらいウォーキングをしよう  

寒さ厳しい冬はまだまだ続きます。
家の中でソックスを穿いても足が冷たい、こたつに入ると冷たさはまだまし、そんな時って結構あるものです。 台所での洗い物などは特に冷えます。
そのようなときは家の周りをウォーキングしてみてはいかがですか。 足はぽかぽかになるようです。高層住宅などでは各階の廊下を下から上に、また上から下までウォーキング。
20分ぐらいで足もとは軽快になりまだ続けたいような気持になります。

足もとには積極的に関わりましょう。
寒いときほどいろいろ運動を工夫しましょう。 この時期バス停などで待っている人をみると、足踏みをしている人をよく見受けます。 冷たさの解消に自然と足が動いてしまう。 特に雪国などは待つことが一苦労です。
この頃はボア付きのブーツがありますから、冷たさはまだ少ないようですが、長靴などはすぐに冷え切ります。 

食後少し経ってからウォーキングを行うと血糖値のコントロールになると言われています。 いつのまにか体重が増加した‼ という方は試してみてください。

この時期足を冷やさないために、靴の中で足をしめつけないことが重要です。 血液循環を考え、つま先の動きやすい靴を履きましょう。 
そして幅を広げ気味にしながらウォーキングをしてみましょう。

足と靴健康アドバイザー【大木 金次】〈№2,385〉

« 中敷きを外してみることを習慣にしたい   | トップページ | ファスナーが曲線になっている   »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中敷きを外してみることを習慣にしたい   | トップページ | ファスナーが曲線になっている   »

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30