無料ブログはココログ

« 靴を選ぶときは手尺で測る・・・くるぶしの高さなど   | トップページ | 足をあたためると子どもは落ちつく  »

2018年11月 2日 (金)

靴が窮屈・・・こんなときどうしますか?  

047jpg

足の居場所がない、靴を脱ぎたいけど人の目が気になる。 よく見かけるのは電車内です。 写真は会議中のもので車内よりはまだましな環境?でしょうか。控えめに足を引っ込めています。

うっ血すると軽い圧迫もいやになる。 靴に限らずソックスのきつさにも抵抗を示す人がいる。 圧迫は多くの方が経験していると思われるが、わずかなことであれば足をもんでみてください。 
もしうっ血の症状が続くようであれば診察を受けることが大事なことです

乗車中でしたら、いったん下車してホームのイスにかけマッサージをしてはいかがでしょうか。 足だけではなく全身が爽快になります。  
つま先からひざ裏まで行うこと・・・マッサージの書籍を読むのもいいことです。 そしてしっかり身体に向き合うことが大事です。

うっ血は重力の関係でつま先から始まるようで、だんだん上半身に。 スラックスのベルト、そして首回りまで気になっていくようです。

うっ血すると、ひもなしの靴に替える人が大変多い。  「ひもなしの靴をください」と言われたら要注意です。 

靴販売員は顧客の健康管理者と思って接客にあたることが肝要なことです。
足と靴健康アドバイザー【大木 金次】〈№2,352〉

« 靴を選ぶときは手尺で測る・・・くるぶしの高さなど   | トップページ | 足をあたためると子どもは落ちつく  »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 靴を選ぶときは手尺で測る・・・くるぶしの高さなど   | トップページ | 足をあたためると子どもは落ちつく  »

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30