無料ブログはココログ

« 靴が窮屈・・・こんなときどうしますか?   | トップページ | トウ先端に糸が生える?    »

2018年11月 4日 (日)

足をあたためると子どもは落ちつく 

037jpg

写真はデパートの正面玄関です。
急な冷え込みに親は心配して
子どもの足をさすっている。 日本ではこのような光景を見ることは余りないがとても大事なことです。 外国人の方ようですが、冷えに敏感で足を大切にするお国柄なのかもしれません。

寒くなると上半身ばかりに気がいってしまいがちです。 実は足もとがもっとも冷えやすいとされている。 足の体表温度はつま先にいくほど低く頭部の体温上昇をコントロールしていると言われている。
それだけに、足をわずかでもさすってあげると気分がよくなり、子どもは元気になる。 おそらくちょっと不機嫌になったのでしょう。
 
最近、体温が上がると免疫力も上昇するとよく語られるようになった。
親はこのようなことを実践し子どもに伝えていくことが重要なことです。

写真ではブーツを履かせているようですが、短靴に比べれば遥かに保温性がある。  寒くなると子どもにはブーツが適当ですが、フィッティングの面ではむずかしいものがある。 
子ども履きものはまだまだ開発の途上にあるといえる。
 
寒い中では、足をさするなど積極的に行ってほしい。

足と靴健康アドバイザー【大木 金次】〈№ 2,353〉

« 靴が窮屈・・・こんなときどうしますか?   | トップページ | トウ先端に糸が生える?    »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 靴が窮屈・・・こんなときどうしますか?   | トップページ | トウ先端に糸が生える?    »

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30