無料ブログはココログ

« あおり歩行とゆびの力  | トップページ | あおり歩行のしやすい靴  »

2018年8月 6日 (月)

あおり歩行のしやすい足・むずかしい足

前回前々回にあおり歩行のメリットとして、音もせず、ショックも少なく、真っ直ぐ歩きやすく、 結果的に歩幅が広がりやすく長時間の歩行が疲れにくく継続できる、またゆびに力が入りやすいと記した。
020  

「音もせずショックも少なく姿勢が良い」には関節が柔軟であることがあげられる。 しかし残念なことに、人は年齢と共にあおり歩行がむずかしくなると言われており、少しでも持続するには運動や足ゆびのストレッチが必要になる。 

足の構造で大事な足裏のアーチが低下しないことも大事で、それには足ゆびの力が衰えないことです。  「ゆびに力が入りやすいこと」と記したことの裏返しとなる。  
特に踵骨が内側に傾く外反扁平足ぎみ(図 右足後足部から)になると、ゆびへの力が発揮しにくくなる。  このようなことは年齢だけではなく、最近は若い方にも多くみられる現象で、足腰に弱さがみえるようです。
外反扁平足ぎみの方は靴選びが重要になる。 ぜひシューフィッターに相談を願いたい。

姿勢については、足腰からの影響が大きく、常に言われる「正しい姿勢」の維持がとても大事なことです。  足の上に身体がのっていると言われる通り、足骨格が崩れていないことが重要です。   
足と靴健康アドバイザー【大木 金次】〈№2,309〉

« あおり歩行とゆびの力  | トップページ | あおり歩行のしやすい靴  »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« あおり歩行とゆびの力  | トップページ | あおり歩行のしやすい靴  »

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30