無料ブログはココログ

« 老化は足から・・・感覚の低下  | トップページ | 巧みな足の動き   »

2018年5月 6日 (日)

足裏が指圧ぐらいで痛いのでは力は入りにくい 

足裏を少し強い力で指圧をすると非常に痛がる人が多くなっている。 

シューフィッティングの前に指圧をしながら「そんなに痛いですか?」と聞くと、多くの方が「皆は痛くないのですか?」と返答される。 この「皆は」にびっくりする。
つまり痛いのが当たり前と感じているように思われるのです。

身体はどの部位でも痛ければ力が入にくい。 こんなことは当然の話ですが、それが足裏にも該当することに気がついてほしいものです。 正に目覚めに該当する。 痛みは危険信号、少なくともどこか充分でないことがあるのではないか? そんなことに関心をもってほしい。

指圧ほどで足裏が痛い人は何となく立ちかたがひ弱にみえる。 当然歩き方に闊達さがみられないのですが、本人はそのことに気がついていないことが多い。
足裏の痛みの要因は、毎日の靴生活による影響がもっとも大きいようである。 その最大要因はつま先が動きにくい細すぎるトウ(靴のつま先)やつま先余裕が足りないことにある。

指圧でもっとも痛がる部位は足ゆび、特に第五趾は強烈に痛いと訴える人が非常に多い。 細いトウで第五趾は困っているのです。 
バランスをとる時に欠かせないのが第五趾であり、それが痛いのでは「ひ弱」に見えるのは当然なことです。
そして全身にも力が入りにくくなるのです。
足と靴健康アドバイザー【大木 金次】〈№2,265〉

« 老化は足から・・・感覚の低下  | トップページ | 巧みな足の動き   »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 老化は足から・・・感覚の低下  | トップページ | 巧みな足の動き   »

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30