無料ブログはココログ

« 心配症は足裏に多量の汗をかく   | トップページ | 靴べらで履かせてあげると喜ばれる    »

2018年3月 6日 (火)

足囲の計測の途中、さらに締めてみると  

011jpg_2
計測時、足回りを少し強く締めてみると意外なことが解るものです。

図はボール部を計測するときのメジャーの当て方を記したものですが、このとき、さらに締めると3センチ以上も軽く締まる足に出会うことがある。  このとき「全身軟らかいですか?」と伺うことにしている。 かえってくる返事のほとんどは「軟らかいです」と言われる。

このような方は靴ひもの締めがいがないことが多く、大雑把ですがいくらでも締まる足と言える。  靴を履いている当人からみれば、フィット感が得られにくいということになる。  
今までいい靴がなかったという方は、上記のようなケースがみられる。 
靴合わせの難しい足である。
また締まり方が左右で違うことがある。 しかしほとんどの方は左右が同じようだ。

靴が大きくも小さくもなく、サイズは合っているようだが履き心地がもうひとつ満足できない。 
満足できない要因はたくさんあるが、ややもすると締まりやすい足かもしれない。  

不思議なことに足は少し締め付けを要求しているようだ。 このような足を「こんにゃく足」と呼んでいる。


足と靴健康アドバイザー【大木 金次】<№2,236>

« 心配症は足裏に多量の汗をかく   | トップページ | 靴べらで履かせてあげると喜ばれる    »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 心配症は足裏に多量の汗をかく   | トップページ | 靴べらで履かせてあげると喜ばれる    »

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30