無料ブログはココログ

« 草履を室内履きにすると、いつの間にか心が打ち解けてくる  | トップページ | 休憩は 『素足』 になって。   »

2017年11月16日 (木)

足から出ているサイン・・タコ 

足から出ているサインはとかく疎かにされがちですが、その前にサインであることに気がついていない人があまりにも多いことは残念です。

サインの中でもっとも多いのが足裏のタコです。  フィッテング時に受ける相談の多くは、一歩ごとに感じる痛みを解消してほしいという願望。

なぜタコができるのか? ということにメスを入れてほしい。

「いつ頃からタコができたのでしょうか?」と伺っても思い出す人はほとんどいない。  しかし「どの靴を履いてからタコができたのですか?」と伺うと真剣に考えてくれる。  中には「安い靴にしてからかな?」という人が意外に多い。
このような話から察すると、低価格のせいでタコができたかのようにとらえられているような気がする。

フィッテングの確かな靴は高額、そんなことは言い切れません。

ここでタコができる要因まで話することは難しく、フィッテングの現場で履いている靴をみながらの説明が欠かせません。 

左右ある足は、一方にタコができると体重はタコのない足に片寄ってしまうことがあり歩行が辛いものになります。

繰り返しになりますが、なぜタコができたのか? どのような靴であればタコが消滅するのか、 シューフィッターと突っ込んだ話を交わしてほしいものです。
そのきっかけが足のサインなのです。

足と靴健康アドバイザー【大木 金次】〈№2,183〉

« 草履を室内履きにすると、いつの間にか心が打ち解けてくる  | トップページ | 休憩は 『素足』 になって。   »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 草履を室内履きにすると、いつの間にか心が打ち解けてくる  | トップページ | 休憩は 『素足』 になって。   »

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30