無料ブログはココログ

« ハイヒールと下腿の作用  | トップページ | 土踏まずの形成率 »

2017年6月 2日 (金)

足ゆびの力  

ゆびの動きが悪いと踏ん張ることができなくなったり、バランスがとりにくくなる。またハンマートウになっていくなど、良いことが一つもなく問題が山積していく。 血行がうまくいかなくなるなどもその一つでしょう。
ゆびの動きは汗のかきかたや、疲れ,冷えなどにも大きく影響する。

足で力が入るところは 『ゆび先』 だけ、これは決して極端な話ではない。 
上記のように例をあげると、なるほどと頷けるが、現実をみると考え方が真逆になっている人が本当に多い。 つまり靴で束縛されゆび先の動きにくい状態が朝から晩まで続いているのです。  それなのに足ゆびの動きについて、話を交わすこともない。  
やさしい表現をすると「足ゆびをもっといたわってほしい」と願うところです。

街中の写真展などに伺うと、最近第五趾がまっすぐのびていない足をみることが多くなった。
接地していないゆびから、全身の立ちかたもどこかひ弱にみえる。 実際フットプリントなどを採ると第五趾の接地していない足が多く、中には第五趾の関節が少なくなっている子どもがいると指摘されている。
写真展に出すほどの写真家であれば、身体や足の構造・立ちかたなどにも想いをよせ研究してほしいものである。

Photo 提案ですが、どんな靴でも五本ゆび〔素材は薄目がいい〕のソックスを履いて靴選びを願いたい。 ウォーキングや旅行用は当然ですが、仕事用の靴選びにもお勧めしたい。  
五本ゆびソックスを常用していない人は、靴選びの際持参して履き替えてゆびの動きを確認をする・・・それぐらいの慎重さがほしい。

それほど、ゆびの動きは重要なことなのです。

足と靴健康アドバイザー〘大木金次〙№2,101

« ハイヒールと下腿の作用  | トップページ | 土踏まずの形成率 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ハイヒールと下腿の作用  | トップページ | 土踏まずの形成率 »

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30