無料ブログはココログ

« 足幅の広さは安定に結びつく   | トップページ | 玄関に小イスを置き座って靴を履く »

2017年1月28日 (土)

足、グー チョキ パー の方法

★どのようにやるのか。
足ゆびでグー チョキ パーをするのはいたって簡単ですが、意外と苦手とする人が増えているようだ。 高齢者は関節の動きが小さくなり軽快に動きにくい人が多いようですが、実は最近若い人も増加しているようで大変気になる。 

・五本のゆびをグーしながら5秒ほど続ける。
・次にパーを。 特に第五趾(こゆび)を強く開くよう心がけ、5秒ほど。
・再度、グーは第五趾から第四趾、そして第一趾まで順に行い、そのまま5秒ほど。
・今度はチョキをそのまま5秒ほど行う。 そのときは第五趾をつよく屈曲する。
・パーを5秒ほどで終了。

以上を繰り返し3分ほど継続する。
最大のポイントは第五趾からグーを始めることです。

グー チョキ パーは左右同時に行う。 
グーはゆび先が下に向く〔底屈〕
パーは足裏が外側を向く〔外返し〕
チョキは足裏が内側を向く〔内返し〕、つまり足関節〔足首〕も同時に動くことになる。

ゆびが開きにくい場合は、手の指を足ゆびに入れて開きになれるようにする。
ゆびをもみほぐすとあたたかくなり、ゆびも開きやすい。

★どんな効果があるのか?
ゆびが常に開きかげんになると、つま先全体に力が入りやすくなり、俗に腰のすわったしっかりした立ち方になる
。  美しい姿勢がとれる。 靴内で前すべりが少なくなり歩幅も広くなり、足底のタコも少なくなる。  足の筋肉が総動員するため爽快な気分になれる。

どこでやるのか?
フトンの中、目覚めた状態で掛けフトンをはずし、あおむけのまま行う。

毎日実行すると、不思議なことにつま先から目覚めが始まるような気になるようだ。
グー チョキ パーは簡単なことですが、毎日継続することが肝心なことです。
ぜひトライをしてみてください。
足と靴健康アドバイザー〘大木金次〙№2,041

« 足幅の広さは安定に結びつく   | トップページ | 玄関に小イスを置き座って靴を履く »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 足幅の広さは安定に結びつく   | トップページ | 玄関に小イスを置き座って靴を履く »

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30