無料ブログはココログ

« トウ(靴)の先端につくカバー  | トップページ | 靴選び・・・月型芯を確認する  »

2016年7月 2日 (土)

靴合わせの前に、ランチョンマットの上で足を開放する 

店頭で靴合わせの前に足が解放できたらどれほど楽でしょう。 靴を脱いだ一瞬でも楽であるが、ランチョンマットに足先が伸ばせればとてもうれしい。 その結果靴選びの意気込みも違ってくる。003jpg_2

ランチョンマットの上で、足を計測し、タコや浮腫みなどをみるためタッチングして足の状態を観察する。 その後少し話を聞いていると、今までの足の苦労話が出ることも。 そのときの和やかな顔つきに何とも言えない解放感がにじみ出てくることがある。 

ランチョンマット一枚で顧客の緊張感がゆるみ、靴合わせが積極的になる。 これほどすばらしいツール?はないでしょう。 
 
小生でしたら、靴屋さんに靴選びに行くときに自分用のランチョンマットを持っていきます。  試し履きの靴が出庫される間に、靴を脱ぎランチョンマットの上に足を置き待っています。  そうすることだ試す靴にすぐ履いてみることができる。  おそらく販売員の方はびっくりすることでしょう。
念ながら、今を持参した顧客は一人もいなかまでランチョンマットった。 
買い物に行くのに、そこまで気を遣う必要残がないかもしれないと皆思っているのでしょう。 

靴屋さんの床がきれいなところはまだまだ少ないようです。 そのような床に素足で立っている顧客もいる。 店側、販売員の気遣いが足りないといっていいのではないでしょうか。
床磨きの必要もありますが、販売員は美しいランチョンマットを携帯してはいかがでしょうか。 
足と靴健康アドバイザー【大木 金次】<№1,938>

« トウ(靴)の先端につくカバー  | トップページ | 靴選び・・・月型芯を確認する  »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« トウ(靴)の先端につくカバー  | トップページ | 靴選び・・・月型芯を確認する  »

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30