無料ブログはココログ

« 靴を履くと裸足より関節の可動域が少なくなる  | トップページ | 元 機長の話・・・着陸時は真新しい靴を避ける  »

2016年5月22日 (日)

五本ゆびソックスには、オブリークトウの靴を勧める

五本ゆびソックスの使用がますます多くなっているようです。  15年ほど前は靴を脱いだときに恥ずかしいと言われ、五本ゆびソックスの上に前半分のソックスを重ね履きをしている人が多かった。  その後前半分のソックスは全く見なくなった。 そして高齢者の方が履き始め、最近は若い方がどんどん履き始めている。 

それは着用感の良さだけではなく、メーカーのめざましい開発力によるものである。   それほど様々なデザインのソックスが工夫されている。  今後は世界に販路を広げていくことだろう。

しかし五本ゆびソックスのまま、まだ今までの靴を履いている人がほとんどである。   今までとは、通常のソックスを履いていたときの靴のことである。 
つまりトウ先の細めの靴に五本ゆびソックスを履いているため、ゆびがさらにきつくなっているのです。

1_2ここで靴の改善を望みたいところです。  ただオブリークトウなどのトウ先の太い靴の販売足数は決して多くないのが実情である。
少なくとも五本ゆびソックスに替え靴選びをしてほしいのです。 靴の販売店では、試し履き用に五本ゆびソックスを準備して置いてほしいものだ。 

足はゆびが開くことで力が入るが、五本ゆびソックスのために、ゆびが小さくなっては何をやっているのかということになりかねない。
足と靴健康アドバイザー【大木 金次】<№1,818>

« 靴を履くと裸足より関節の可動域が少なくなる  | トップページ | 元 機長の話・・・着陸時は真新しい靴を避ける  »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 靴を履くと裸足より関節の可動域が少なくなる  | トップページ | 元 機長の話・・・着陸時は真新しい靴を避ける  »

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30