無料ブログはココログ

« カーフレーズで、足と靴のボール部が合っているかを確認 | トップページ | 手を見て足を推測する »

2016年4月 6日 (水)

「つめ」とは何?  そして爪の機能は?

「つめ」とは「おしまい」という意味。 いってみれば端のどんづまりの最後のところ。 詰め将棋の「つめ」もおしまいにしてしまうという意味。 橋のたもとも、橋のつめ、だから「橋詰」という。
日本語は、母音を変化させながら新しいことばを生んでいく。  「つめ」もまた「つま」へと変化します。 「爪音」を、つまおと、「爪先」を、つまさきといいます。〔以上 ひらがなでよめばわかる日本語  中西進   新潮社〕

 

ところで、おしまいにある「爪」の役割は意外に知られていない?   おしまいにあるものほどあまり関心を持つ人は少ないようです。 このようなことはある程度やむを得ないのかもしれませんが、特に足の爪はまったく眼中にないという人もいる。 手の爪と比較するとそのようなことが明らかで、足の爪は気になってくると、どんどん切られていく部位のようだ。

女性学級などで靴の話の中で足の爪の機能は?と質問すると、考えたこともないという人ばかりである。  多くの方は危険防止と言われるが、さらに重要なことがある。  それは踏み返すときの支点になっているのです。 立つことが少なくなると足の爪は巻いていくことがあると言われている。 
つまり立つため、そして歩くために大事な爪なのです。

このことから、山登りやロングウォーキングなどの前日は、爪切りを慎重にする必要がある。  
手の爪を切った後、ジュースなどプルトップ缶のタブが開けにくいことがあるが、足のつま先も同じことです。  
足と靴健康アドバイザー【大木 金次】<№1,795>

 

« カーフレーズで、足と靴のボール部が合っているかを確認 | トップページ | 手を見て足を推測する »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カーフレーズで、足と靴のボール部が合っているかを確認 | トップページ | 手を見て足を推測する »

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30