無料ブログはココログ

« 家庭内には数種類の履きものがあるが、仕事用は毎日同じ靴?  | トップページ | 効率的な腰回り・大腿部の太い足  »

2015年8月30日 (日)

中敷を抜いてみるといろいろな発見がある 

                Dsc00241  Dsc00879
靴選びの学習会で「自分の靴の中敷きを抜いてご覧になってください」とお願いすると、「中敷き抜けるかな?」という話声が聞こえてくる。 このようなことは決して珍しいことではないが、靴の中を見ていないことになる。 すべてのものに衛生管理の厳しい日本ですが、足もとや靴は別のようだ。

写真左は「ホコリ」がつま先に、右は踵側にたまっているもの。 このようなとき多くの人が「恥ずかしい」と言うばかりで、『どうして?』と考える人はごく僅かである。  
このようなこと以外に中敷きの擦り切れ、縫いこまれたブランドネームの擦り切れ、、片方だけの摩耗、中には沢山の砂が入っている、中敷きに画鋲(がびよう)が刺さったままなども。 第一趾・第二趾以外のゆびの跡が薄いものも。
中敷の抜けない靴には画鋲がもろに見えるものや半敷きの剥がれなども。

中には中底に穴が見えるものもあり、よくソックスが擦り切れないものであると感心したことがある。
このように中底を観る、中敷きを出してみると思わぬことが発見できる。 靴内に手を入れてみるという習慣もぜひつけていただきたい。

ところで、写真左はふいご現象が起こっているもの、右は反対に靴の後足部が脱げている、脱げるほど大きいものである。 
足と靴健康アドバイザー【大木 金次】〈№1,688〉

« 家庭内には数種類の履きものがあるが、仕事用は毎日同じ靴?  | トップページ | 効率的な腰回り・大腿部の太い足  »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 家庭内には数種類の履きものがあるが、仕事用は毎日同じ靴?  | トップページ | 効率的な腰回り・大腿部の太い足  »

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30