無料ブログはココログ

« 靴の羽の中心は足のやや内側にくる | トップページ | 靴選び・・・2Eより3Eにしたいが »

2015年7月 6日 (月)

退院後靴が大きくなった?

退院後、靴が大きくなったと言われる方は大変多いが、その要因のほとんどが体重の減少によるものである。  見るからに全身がスリムになり退院後いっそう健康にみえる人もいる。  このようなことをブログに記すことができるのは、長年のお付き合いがあってこそである。  何十年もいろいろな靴をお求め頂きその感触を伺っていると、その方の健康度までみえることがある。

おおよそ体重5キログラムぐらいの減少でひとサイズ〔5ミリ〕変化するようである。   しかし体重が増加した方の反応は意外に少ない。   それはどうしてなのか・・・・きついはずなのに痛みが少ないのでしょうか?   きつさは何とかクリアできても、大きな靴は歩きにくい、また歩くときに靴が邪魔になる。  同時に靴擦れになると感じるのでしょう。  足の防衛反応は非常に速い、人も動物であることがわかる。  }

5キログラムぐらいという数字は顧客の申し出から判断しているものですが、シューフィッテングをされている方で、もう少し違うようだという数字がありましたらお教え願いたい。 

ここでまた不思議なことに10キロ、15キロ減少した方でもひとサイズ以上低下した方は少ないようである。   これは足もとは脂肪が少ないことによるものではないだろうか。 相当長期にならなければ骨格の太さまで減少することは少ないと思われる?
 
人の身体の中で関節の多いところは脂肪は少ない。  体の中でその最たるところは足である。  脂肪が付きすぎると体温調節が困難になると教授頂いた。 体はよくできているものである。
足と靴健康アドバイザー【大木 金次】<№1,661>

« 靴の羽の中心は足のやや内側にくる | トップページ | 靴選び・・・2Eより3Eにしたいが »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 靴の羽の中心は足のやや内側にくる | トップページ | 靴選び・・・2Eより3Eにしたいが »

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30