無料ブログはココログ

« お試し頂けます・・・・汚れ落とし、栄養クリーム、防水スプレー | トップページ | 階段を楽に上がる »

2015年3月 6日 (金)

革底に貼る・・・滑り止め

016jpg_2

写真はソール(靴)が滑りやすいときに貼る人が多い。  最近は靴のソールもファッショナブルになり洋服や持ち物など好みに合わせるようになってきている。
ソールのカラー化は以前からスポーツシューズのソールでおなじみですが、滑りやすいのは革底、購入と同時に写真のものを貼っている人がいる。 その多くは一流ブランドの高級品で、アッパーのカラーに合わせ貼り付けている。

日本はどこを歩いても平らなところばかりで欧米のような石畳などにはめったにお目にかかれない。  そのために購入直後ほど滑りやすい。  販売では「履いているうち傷がついていきますよ」と言うものの、インポート等のしっかりした硬い革底ほど歩いても傷がつきにくい。  それは平面な路面・床面があまりにも多いからである。

貼り付けて気がつくのは、底が多少曲がりにくくなること、しかしそれより靴内で足が滑りやすくなることである。 これは表のソールが滑りにくくなったため、そのぶん靴内で滑るということなのです。 その結果つま先(第五趾などにも)に痛みが出やすくなる。  このようなことを考慮に入れ靴選びは慎重にしたい。

靴は一か所改善すれば反対にデメリットも生じる。  これが靴の面倒なところである。 だだ滑りはもっとも怖いものであり骨折でもすれば大変なことになる。
靴選びは様々なところに配慮しながら行うため、非常に疲れるという人が多い。  それほど足もとは身体の基本になっていると言える。
足と靴健康アドバイザー【大木 金次】〈№1,601〉

« お試し頂けます・・・・汚れ落とし、栄養クリーム、防水スプレー | トップページ | 階段を楽に上がる »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お試し頂けます・・・・汚れ落とし、栄養クリーム、防水スプレー | トップページ | 階段を楽に上がる »

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30