無料ブログはココログ

« シューフィッティング前、足もとにハンカチを・・・そこに素足をのせると解放感が。 | トップページ | 〔皮革の特性〕汚れやすい革がある »

2013年11月24日 (日)

つま先に力が入ることをセロテープで実践

     Dsc00653_2006_12_7   021

大相撲今日は千秋楽、賜杯は白鵬か日馬富士か?、 ところで写真のように足にテーピングをしている力士は何人いるでしょう。

 
足を計測、触診をしていると気がつくことは、つま先に力が入りにくい人が多くなっていることである。  最近は重心が踵よりになっているという研究者がいるが、立った瞬間に第五趾が浮いている人が多くなった。  素足でも靴着用でもつま先に力が入ることが基本、特に相手に勝ちたいと思うとついテーピングをしたくなるのも解る。 女性学級など「靴と健康」についての学習会では中足骨部にセロテープを一周巻いてみることを実践している。  片足だけを巻き両足でつま先立ちをすると、巻いたほうに力が入ることが確認できる。 

その後セロテープを巻いたまま靴を履き歩いていただくと歩きやすいと感じる。 このようなことに不思議に思う人がほとんど、しかも靴ひもがこのような機能をしていることに気がつく人はほとんどいない。  しかしつま先に力が入ることでスッキリ立てる、腰が軽くなったとよく言われるが、実感することでつま先の大事さを理解してくれる。

靴ひもだけに頼らず、甲回りのフィットした「ころし」の利いた靴を選ぶことを啓蒙しているが、そこまで学習会で理解するのは少し困難なようである。 最近は大き目〔太め〕の靴を選ぶ人が多いようで足全体に力が入りにくくなり、足がいっそう弱くなっていくことになる。 

学習会の僅かな時間ですが、セロテープを使った実践は記憶に残るようである。
足と靴健康アドバイザー【大木 金次】〈№1,374〉 

« シューフィッティング前、足もとにハンカチを・・・そこに素足をのせると解放感が。 | トップページ | 〔皮革の特性〕汚れやすい革がある »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シューフィッティング前、足もとにハンカチを・・・そこに素足をのせると解放感が。 | トップページ | 〔皮革の特性〕汚れやすい革がある »

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30