無料ブログはココログ

« 座業(イスがけ)に適した靴(安積和夫医師の著書・靴と健康から) | トップページ | 靴選びの記録を渡してくれる販売員(安積和夫医師の著書・靴と健康から) »

2013年9月18日 (水)

成人式の前後に足のメディカルチェックをする(安積和夫医師の著書・靴と健康から)

スポーツをしている若者はスポーツ医学上のメディカルチェックを定期的に受け、自己の生活を点検し、将来の計画をたててほしい。  足のチェックポイントは前足部の各趾の形と変形、足の各アーチの高低、つま先立や片脚起立の可否、歩きぐせと利き足の確認、下肢の筋肉の痛みやしびれ感の有無などのチェックが大切と「靴と健康・黎明書房)」に記している。 

メディカルチェックを成人式前後にと提案をしているが、それよりもっと早く小学・中学・高校入学時でも良いのではないでしょうか。 いずれにしても現在でも足のチェックが行われていないことから、早期に実施できることを願う。 

特に全身(上下・左右)のアンバランスが目立つようになっているため、足とともに全身のチェックも欠かせなくなった。  陸上競技などでは足の疲労骨折を繰り返していることが多く、指導者も足の研究や靴の指導ができることが重要になっている。 

さらに教育課程において足の健康や靴についてのカリキュラムが不可欠である。 そのような中でメディカルチェックが同時並行して行われる必要があるでしょう。 安積和夫医師は常にそのようなことを要望し、同時にフットケアの大事さも訴えていた。
足と靴健康アドバイザー【大木 金次】〈№1,341〉

« 座業(イスがけ)に適した靴(安積和夫医師の著書・靴と健康から) | トップページ | 靴選びの記録を渡してくれる販売員(安積和夫医師の著書・靴と健康から) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 座業(イスがけ)に適した靴(安積和夫医師の著書・靴と健康から) | トップページ | 靴選びの記録を渡してくれる販売員(安積和夫医師の著書・靴と健康から) »

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30