無料ブログはココログ

« どうしてひも付きの靴を嫌う? | トップページ | アジサイの花を配したうれしいメッセージを頂きました »

2013年6月20日 (木)

足裏の圧迫感は指圧で解消

毎日同じ靴を履いていても、その日によって足裏の感覚はずいぶん違うことに多くの方が気がついていると思われる。 しかしそのようなとき途中でイスに掛けて5 分ほど足裏を指圧すると快適になることは意外と知られていない。 

シューフィッティングの最中にも指圧を行うことがある。 新しい靴ほど中底の凹凸に敏感な方がおり、靴選びに時間がかかっている時に行っている。 その後意外とスッキリとすると言われることが多いのである。  

なぜ新しい靴のフィッティングで指圧をするのか?・・・・それは同じ靴を沢山の方に履いて試して頂いているからである。  多くの方は中底に違和感を感じていないからです。  違和感の感じる人はささやかな強さの指圧でも強烈な痛みを感じる。 その時の表現は爪をたてないでほしいとよく言われる。 爪で刺さるような強い痛みなのである。 毎日の生活の中でこのような痛みに気がついていないことに驚きである。 

どうして気がつかないのか?・・・・それは同じ靴を毎日履いているからである。 靴を取り替えると気がつくものです。 どのような中底の起伏にも立てることが大事なことである。 足を甘やかすと足裏は弱くなる。

ときどき足裏に違和感を感じる人は、常に足裏に自分の手を持っていき指圧をしてみることです。  足は自己管理の筆頭に上がることに気がつくことでしょう。
足と靴健康アドバイザー【大木 金次】〈№1,297〉       

« どうしてひも付きの靴を嫌う? | トップページ | アジサイの花を配したうれしいメッセージを頂きました »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« どうしてひも付きの靴を嫌う? | トップページ | アジサイの花を配したうれしいメッセージを頂きました »

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30