無料ブログはココログ

« 書籍「足の裏は語る」から・・足裏は人間を語る万華鏡 | トップページ | 書籍「足の裏は語る」から・・正しい歩きかたとは »

2013年2月22日 (金)

書籍「足の裏は語る」から・・・ムスコとタマの位置

ムスコとタマの位置をズボンの左足にもっていけと日本の海軍も陸軍も命令として新兵に指示していたと記している。 これは身体の安全のための指示であったのではと著者の平沢氏は述べている。 睾丸の左側は右側よりやや低い位置にあり、歩行のときは右膝が左より高く上がる。  また着地時間は左足のほうが右より長い。  このようなことからムスコとタマの位置は左側に寄っていく。 

洋服のオーダーメードは以前から、ムスコとタマの位置を確認してその位置のスラックスを太くしていると記されているが、私も馴染みのカッターさんに伺ったところやはり今でも同じであった。 ムスコとタマがいつもの左側にあると落ち着きを感じ瞬時の行動がとれる。 

左足は全身を支え進行をきめ、右足はスピードをコントロールし器用性がある。

このような足の特性に靴も応じることが重要で、つま先に力が入ることが大切である。 足のゆびは力が入るときは広がるため、靴のトウ先は充分な余裕が必要となる。 しかも体重がうまく分散することが欠かせず、後足部の安定が考慮されなければならない。  

左の靴は安定すること、器用な右足は軽快に動く靴が必要になるでしょう。  さらに「あおり」が快適にできることも必要でソールの形状や素材も大事になる。  このようなことはオーダーでも難しいが、足の特性に合わせるには、体調の良いときに慎重に時間をかけ感覚を呼び戻しながら靴を選ぶことが重要となります。
【「足の裏は語る」 平沢彌一郎著 筑摩書房 絶版】
足と靴健康アドバイザー【大木 金次】<№1,219>

« 書籍「足の裏は語る」から・・足裏は人間を語る万華鏡 | トップページ | 書籍「足の裏は語る」から・・正しい歩きかたとは »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 書籍「足の裏は語る」から・・足裏は人間を語る万華鏡 | トップページ | 書籍「足の裏は語る」から・・正しい歩きかたとは »

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30