無料ブログはココログ

2020年10月24日 (土)

靴を磨いている光景(靴の売り場) 

靴の売り場で、靴を磨いている光景を見ることはほとんどないようです。 ベテランの販売員であればですが、若い女性が真剣に靴を磨いていることはゼロに近い。 たまたまかもしれませんが、二人の女性が立ったまま靴磨きに専念していた。

Dsc02517_20200606110801
この頃磨いて使うものはほとんどなくなった。 残っている物は唯一靴ぐらいかもしれない。 小生も自宅の玄関で時間をかけて靴を磨いているが時間の経つのも忘れることがある。 どうして熱中できるのか?自然に心が落ち着いてくる。
デパートに陳列しているもので磨くものは靴ぐらいでしょうか。 高級な装飾品や時計、洋食器なども丁寧に磨いていることがあるが靴は磨きの深さが違うようです。 磨いている最中に靴のトウに自分の顔が映ることがある。 そのときの達成感は何とも言えないものがある。

写真の右側の女性は靴磨きに熱中しているようだ。
 

ときには磨きこんだ靴に限って早く売れていくことがある。 そのようなとき、うれしさより無念な思いを感じる。 手間をかけ磨きこんだ靴、顧客に何か通じるものがあるようです。 このようなことは決して大げさなことではありません。
風邪を引いたような覇気の感じない靴が陳列されていることがあるが、磨かれているほうが万人受けするようである。 靴も人も同じようです。
足と靴健康アドバイザー 大木金次 №2706

2020年10月22日 (木)

靴で決まる人柄  

「靴で決まる人柄」というタイトルはちょっと大げさなようですが、意外と当たっているような気がします。

下記の写真・・・素敵な方が座っている。
そのポイントになるのが履いている靴でしょう・・靴が素敵。
もしこの方に、今身につけているものでもっとも好きなところは何ですか?と伺えば、間髪入れずに「靴」であると言われそうです。 それほど大事に履いていることがうかがえる。

010

写真から靴へのこだわりは徹底しているようだ。 ベージュの革に履き口のオレンジ、そして靴ひも、ソールまでオレンジカラーである。 さらにソールには通気口のようなところが見える。 軽々しく選んだ靴ではなさそうである。 この方は白髪でメタリックのメガネをかけているが、メガネより靴が幅を利かせている。
充分に落ち着きの見られる初老といった感じで、この場所は大手写真メーカーの写真展です。

着ている洋服もさりげなく緊張感がない。 こんな方と話をするとどんな話題がでてくるのでしょう。

履きものは やはりひも靴に限る。 ひも付きの靴から、この方は繊細さな人ではないかと一瞬引いてしまいそうであるが、決してそういう方ばかりではない。 座り方にも安心感を覚える。 

靴はひも締めに限ると言った人がいる。 そのような人に限って、足もとが締まると全身のバランスがとれると語る。 それは見た目だけではない話なのです。

洋服を決めてから靴を決めるという人が多いが、この方は一番に靴を決めその後洋服を決める、そんな方のようである。 シューフィッターとしては、まず靴ありきです。
以前靴を求めに中学生と一緒に来店した方がいる。 その方は最初に靴を決めてから洋服を選びましょうと子どもに語っていた。 そうするとじっくり靴選びができるでしょと言っていた。 
身の回り品の中で大事なのは靴、そのように捉える方がますます増えてるようです。


足と靴健康アドバイザー 大木金次 №2705

2020年10月20日 (火)

玄関で履きものを脱ぐ日本社会・・ウイルス対策にも 

感染症を予防の観点からみると日本社会は実によくできており先人の知恵に脱帽です。 
まず家屋をみると床が高くなっている。 湿度の高い日本では当然と思っているが、戦後日本に立てた米軍の家屋をみると高くできているところはほとんどなかった。 リビングまで靴で入る、日本の家屋になじんでいる者からするといい感じがしない。

新型コロナの話では手洗いが大事となっているが、水洗のない時代トイレにも手を洗う容器を吊り下げていた。 下から押すと敵量が出てくるが、これにはとても重宝した。そのうえ手ぬぐいまで下げていた。 トイレの床は毎日雑巾掛けをして常にピカピカ、これこそ感染症対策の筆頭に上がるものです。
トイレ専用の草履を置く家庭が増え、「はきものを揃えると心もそろう」という話まである。
下記の写真は福祉センターのトイレ、美しい草履の鼻緒の話をしてくれた担当者、靴の話で伺っていることもありトイレの草履まで話題にしてくれたのです。

014-2


ウイルスの話は手洗いの話が先行するが、足もとの話は影が薄いようである。 会社の玄関で靴の裏を消毒するところが現れたがまだまだ少数である。 
会社や自宅も大事ですが、病院はもっと履物の管理を徹底する必要がある。 昔は病院の玄関で下足札を受け取って院内に入っていた。 現在はそのようなところは皆無に近い。 病院に駅にあるようなロッカーを設置してはどうだろうか。 ナンバーを記憶して開閉し人手は不要。 感染症対策として病院がもっとも重要なところで、常に余裕を持って衛生問題を徹底しなければならない。
病院へのお見舞いに根の付くものはいけないとささやかれる。 それは「根」の話より衛生問題が第一に考えられたものではないだろうか。 写真は町中にある温泉、靴のロッカールームです。

138
玄関では靴を脱ぐ、このような慣習は世界を見渡しても少数派である。 手洗いは大事ですが、足もとの靴の衛生も同等に重要なことである。 玄関に靴箱を置く、そのような生活様式を世界に広めたいものです。
足と靴健康アドバイザー 大木金次 №2704

2020年10月18日 (日)

左右差を計る体重計 

足の計測器はめざましく進歩し三次元で計測することができる。 ただ沢山のデータが出るものの、それを靴選びに採用することは意外と大変なようである。 その根底に店頭にある靴にはデータ(サイズ表示)が少ないことが一因と考えられる。 ただ計測器に出る足のデータは膨大なもので、その足に合致する靴を探すことは難解のようだ。 

下記の2台の体重計はどうでしょう。 単純明快である。
図は「わかりやすい子どもの足とはき物の話・日本教育シューズ協議会 原田碩三先生著」 内容をそのまま表記します。
子どもの話、4時間しか眠れなかった翌日に、同じ体重計を2つ並べたものに乗ると、体重の左右差が10%以上ある。 体重が40㎏だとすると、片足の体重は22㎏、反対の足の体重は18㎏程度になるということです。 これが昼寝をすると差が小さくなる。 睡眠には、身体や心が弱ったりきずついたところを直す働きがある、そのようなことが記されている。

Dsc00554_20200527113001
そこで、店頭の靴選びに2台の体重計を採用するという話。
靴の購入のまえに素足で乗ってみることを推奨してはどうか。 健康問題がクローズアップされる今日、例えば左右で10%以上も違っていい靴は選べるでしょうか。

左右差の要因が脚長差であるとすれば、靴のヒールの高さを替えることで少し改善できるかもしれません。 ただこの話は今までの立ち方歩き方を勘案して決めることが大事でそう単純なものではありません。 

話はそれるが、体重が左右別々に計れる体重計は今販売されていないようです。 売れるかどうかより、なぜ左右を計測する必要があるのか? 
身体の土台は足、それだけに体重の左右差は重要なことです。 

足と靴健康アドバイザー 大木金次 №2703

2020年10月16日 (金)

靴のチェックは左右を照らし合わせて見る 

身の回り品で左右を同時にチェックするものは靴や履きものぐらい,他に手袋や装飾品もありますが、靴ほど入念にするものはないでしょう。 
写真は顧客の前で膝をついてアッパー(甲部分)をチェックしているところです。 この姿は簡単なようですが、一日中たくさんの接客をこなす中ではなかなか大変なことです。 膝をついているとはいえ良い姿勢がとれないと続きません。

下記の写真は本底の色が左右違うことを発見した時のもの。 どうしてこのようなことが起こるのでしょう。 靴づくりの中で材料から最後の顧客にお渡しまで左右が離れることはない。 おそらく底を裁断した直後に起こったものではないだろうか? 
このようなことはめったに発生することはない。 購入いただく前にチェックをしたから何の問題もなかった。 お渡ししてからでは遅いのです。

19_20200521182001
チェックは顧客の前で行うのが基本です。 よくあることですがレジスターに入金に行きそこでチェックしたのでは意味がないのです。 顧客の目の前でチェックする、お客様と一緒に確認することが大事なことです。

今回の内容は靴販売員への啓発になってしまったが、靴を求める方々にも、購入時に左右を照らし合わせてチェックすることをことをお勧めします。
その順序は、アッパー ⇒ 中底 ⇒ 底(サイズも)を左右同時に照らし合わせて行ってください。
足と靴健康アドバイザー 大木金次 №2702

2020年10月14日 (水)

左右のカラーが違う靴 

ブルーとイエローの靴を履いている。
左右カラー違いの靴で思考回路が混線してしまわないのでしょうか? そんなことを考えたのは2012年(写真)のとき、ずいぶん以前の話です。 カラーだけではなく甲部分のデザインも違う。

074_20200521180901
この頃は左右でカラーの違う靴を多く見受けるようになった。 靴に限らずソックスも、またテレビでは洋服も左右違いを見ることが多い。 

人は左右の足を交互に出しながら歩をすすめる。 ブルーが出、次に
イエローと、外部から見る限り歩行に落ち着きさが感じない。 左右違いを始めて購入する人は心がときめくのではないだろうか。 大変な勇気も必要でしょう。 若さがなければ手にすることは難しい。 
 
玄関で靴を脱ぐ文化に生活する我々は、靴の左右違いに戸惑いを隠せない。 足もとは手袋と違い身体の土台である。
玄関にカラー違いの靴があったらどう感じますか? ファッションは誰にも止めることができないと言われている。

靴販売の現場を考えるとどうでしょうか。 左右のカラーが違う、また左右のデザインが違う靴を同時に2~3足も出したら、どのようなセット(左右)なの、試し履きをしている間混乱してしまうのではなかろうか。 そのうちフィッテングなどは頭から飛んでしまうのではないかと心配である。   


硬い話で滑稽なことですが、片方陳列している靴の売り場で棚卸の監査を受けたことがあったが、そこで「もう片方の靴の管理はどうしているのですか?」と尋ねられたことがある。 その会計士は左と右を二重に棚卸をしているのではないか?と思ったようです。  

左右カラーが違う靴の棚卸は混乱の元になりかねない? 監査も大変な社会になるかもしれません。
左右あるものは何かと面倒です。 履きやすいなど靴本来の機能が忘れられてしまうのではないかと危惧している。
足と靴健康アドバイザー 大木金次 №2701

 

2020年10月12日 (月)

ゆるすぎるひも締め・・・どうしたんだろう? 

ゆるゆるを超えるブカブカなひも締め、ここまでゆるいひも締め(写真)をみることはめずらしい。
ちょっと解りにくいが右の靴もかなりゆったりしているようにみえる。

002_20200524110301
ひも締めがこうまでゆるいのには、脱ぎ履きが面倒などを通り越して何か大きな訳がありそうです。
おそらく足全体が敏感すぎるのではなかろうか。 敏感というとよく聞こえるが、足全体に
強いい痛みを感じるのではなかろうか。

実は次のような経験を時々している。
足を計測後、状態を観察するため足全体に
触れ、ときにはやや強めに押すことがある。 その瞬間強烈な痛みで足を引いてしまう人が相当いる。 どこを押しても痛いのです。 そのような人は靴ひもをゆるくしている人が多い。 その上大きめのサイズを履いていることがある。 
そのような人は、高齢者より若い方に多いのはどうしてなのか?  このような現象は見えにくいため話題にも上らないが本人は困っているに違いない。

このような人の靴選びは時間がかかる。 大雑把ですが何を履いてみても決まらない。 結局足全体を軽くもみほぐすことから始まるようです。 

ひも締めのゆるい人は、当然なことですがすり足歩行になりやすくひ弱にみえる。 それはひも締めがゆるいためもあるが、足全体がうっ血しているからではないだろうか。
ルーズにみえるゆるいひも締め、生活全体の改善が必要な気がします。
足と靴健康アドバイザー 大木金次 №2700

2020年10月10日 (土)

足裏はくすぐったいところ 

からだの中でくすぐったいところは大事なところと言われています。 くすぐったいところは首筋や脇の下を始めいろんな箇所がありますが、とりわけ足の裏は飛びぬけてくすぐったいのではないでしょうか。 しかしだんだん感じにくくなるようで、感覚を維持することはたやすいことではないようです。

足裏の感覚の低下要因は、年齢とともに冷えを感じる人が多くなること。 その他、皮膚が厚くなりやすいこと、ソックスや靴履きの時間が長くなり素足の時間が少ないこと、同じ靴を履き続けている人が多いことなどが上げられる。

洋服などは気温の変化に合わせて替えているが、靴は年間通してチェンジをしない人が多い。 
同じ靴でも中敷きなどを替えてみると爽やかなものです・・・いつも同じものの上に立たないという考え方が大事で中敷きを替えればハッと目覚めることがあるものです。 

くすぐったい時は自律神経が働くという。 自律神経は、自分の意思とは関係なく刺激や情報に反応して、体の機能をコントロールしている神経であると記されている。 
その皮膚の位置は身体の中で特に大事なところ、身体はすべて大事なところばかりですが、とくに足裏は重要な部位である。 
今どんなところに立っているのか・・・熱いところ・硬いところ・危険性はないか、不安定なところでは?と考えると足裏の重要さがわかってくる。
フットケアを行い、いくつになってもくすぐったい足裏を持続させたいものです。 

足と靴健康アドバイザー 大木金次 №2699

 

 

2020年10月 8日 (木)

歩くことは片足立ちの連続 

ウォーキングを勧めるのはなぜ? それは片足立ちの時間が長いこともあり全身運動に結びつくからです。

若い人は片足で立つことは簡単なことですが、年齢と共に意外と大変なことに気づきます。 最近歩くことは片足歩行の連続であると言われるようになってきました。

左右の足で繰り返す歩行は、三分の二ぐらいの時間が片足で立ち、両足がついている時間は約三分の一ぐらいのようです。

Photo_20200515182501

片足でしっかり立つには体幹がしっかりする必要があります。 生まれてから長年歩き続けていると体幹を使っていることなどいつのまにか忘れてしまいます。 しかし残念なことに年齢と共に起立の姿勢に自信がなくなってくる。 またバランスをとる神経も同様、関節の柔軟性も低下する。

姿勢がきちっと取れなければ不安定になり、それを少しでも補完するため歩行時につま先が外側を向いたり、歩隔(左右の間)が広くなっていく。 その結果肩が左右に揺れやすくなり疲れが短時間で感じるようになっていく。 
家の中の素足より外のほうが歩きにくいと感じている人は、履いている靴にその要因があると考えたい。 ぜひシューフィッターに相談しましょう。 靴というのは意外と重荷になることがあり、それはフィッテングの問題が大きい。

このように考えると、二足歩行の我々は微妙なバランスで立って歩いていることになる。 
年齢と共に運動をする必要性が出てくるが、その前にバランス能力の維持も欠かせない。 写真では左右の手にポールを持っているが、その機能はバランスをとり確かな歩行をするためである。

片足歩行をできるだけ長く続けるには、良い姿勢で歩幅を少し広くとり、闊達に歩き続けることです。 

足と靴健康アドバイザー 大木金次 №2698

2020年10月 6日 (火)

トウスプリングがあるとつまづきにくい 

最近の歩行者を見ていると膝が伸びていない人が多くなっているように思われます。 特に若い人に多くみられるのは大変残念なことです。  

膝が伸びにくい人の足首(足関節)をみていると、歩行の際踵部が設置する直前つま先がほとんど上がっていない。 脛(すね)の筋肉があまり使われていないようです。 
多くの人は時間を急ぐ場合は歩幅を伸ばしますが、膝が伸びにくくなると、歩幅が伸びないため小走りになることが多い。

そこで注意をしたいのが、トウの先が地面に引っ掛かり転倒の危険が生じやすいことです。

013_20200515181401
写真は転倒を予防するための策としてトウ部分を上げているもの。 このような靴の多くは高齢者や、登山靴などにもみられる。 ただトウが上がりすぎると滑りやすいので注意をしたい。

最近は仕事用でもトウの上がっている靴があり、トウを長くするファッションがらみの靴もある。 以前は遊び用と言われたものですが、最近は抵抗がなくなっているようです。

ところでつま先が上がりにくい人に若者が多いと記したが、つま先を上げるストレッチが必要で、脛(すね)の筋肉を柔軟にすることが大事です。  
そうしなければ、一生小走りの生活になってしまいます。 その上、姿勢がくずれ疲れやすくなっていくことが予想されます。

足と靴健康アドバイザー 大木金次 №2697

«フィットしている靴内のふいご現象 

最近のトラックバック

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31